野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    糖尿病

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CN] 2018/03/17(土) 21:45:40.64 ID:mknnSXau0
     夜勤を含めたシフト勤務で働く人は、日中働く人と比べて2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性のあることが「Diabetes Care」2月12日オンライン版に掲載の論文で報告された。

     この研究は、英国の約34万人の労働者のデータを分析したもので、勤務時間が不規則な人や夜勤を含めたシフト勤務で働く人は、日勤だけの人と比べて2型糖尿病リスクが44%高いことなどが示された。

     論文の筆頭著者である米コロラド大学概日リズム・睡眠疫学研究所のCéline Vetter氏は「シフト勤務の中でも特に夜勤は人間の社会的リズムと生物学的なリズムに混乱をもたらし、2型糖尿病などの代謝性疾患リスクを高める可能性が示唆されている」と指摘している。

     Vetter氏らは、現在シフト勤務をしている27万2,214人と過去にシフト勤務歴のある7万480人の英国人を対象に、勤務状況と2型糖尿病リスクとの関連を調べた。その結果、日勤だけで働く人と比べて、現在、シフト勤務だが夜勤は全くないかほとんどない人は2型糖尿病リスクが1.15倍、たまに夜勤で働く人は1.18倍、主に夜勤で働く人は1.44倍であり、夜勤の頻度が高いほど2型糖尿病リスクも高まることが分かった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180307/med/00m/010/012000c
    a0002_003123

    【【健康】夜勤含むシフト勤務で2型糖尿病リスクが上昇することが判明】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/07/29(土) 19:38:51.26 0
    体ピンピンしてた頃に戻りたい
    金なんていらないから健康がほしい

    a1180_012676

    【ワイ糖尿病、金なんかより健康が一番と痛感させられる】の続きを読む

    1: 2016/10/11(火) 21:00:54.67 
     【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は11日、肥満や糖尿病を減らすため、
    砂糖の入った飲料への課税を進めるよう各国に呼び掛けた。

     WHOは、砂糖入り飲料などの消費は「肥満や糖尿病に苦しむ人々を世界で増やす主要因だ」と指摘。
    価格が上がれば、消費が減る明確な証拠があるとし、「政府が課税すれば、人々の命を救える」と訴えた。

     WHOによると、2014年には世界で18歳以上の39%が「過体重」だった。糖尿病患者の数は
    1980年に1億800万人だったが、14年には4億2200万人に増えている。 (2016/10/11-19:33)

    時事通信
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101100784&g=int

    【【WHO】砂糖入り飲料に課税を各国に呼びかけ 肥満、糖尿病対策訴え】の続きを読む

    1:  2016/10/03(月) 23:39:28.29 
    インスリン増やす物質特定 糖尿病治療に期待、大阪大
    東京新聞:2016年10月3日 22時00分
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016100301002205.html

     膵臓から分泌されるインスリンの量を増やす化合物を、マウスの実験で特定したと大阪大の原田彰宏教授(細胞生物学)らのチームが3日、米科学誌電子版に発表した。

     インスリンは、血糖値を下げる作用があり、不足すると糖尿病になる。
    この化合物を使ってインスリン分泌を促す新しい糖尿病治療薬の開発につながる可能性がある。

     チームは「SNAP23」というタンパク質に注目。

     インスリンを作り出す膵臓のベータ細胞で、SNAP23が働かないようにしたマウスは、インスリン分泌が普通のマウスの2倍以上に増えたため、チームはSNAP23は通常、インスリン分泌を阻害していると判断した。
     (共同)
     

    【インスリン増やす物質特定 糖尿病治療に期待、大阪大】の続きを読む

    このページのトップヘ