野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    紙幣

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [NL] 2018/01/25(木) 16:51:54.34 ID:Q7VYEALG0 
    no title


    金利が低下すると、おカネを銀行など金融機関に預ける気持ちを低下させる。マイナス金利は個人顧客には適用されないものの、結果的に現金保有(いわゆるタンス預金)を増やす結果となった。

    昨年末で現金(紙幣)の発行残高は106兆円超であった。その内、タンス預金は約40兆円と言われている。これも量的金融緩和・マイナス金利の副作用である。タンス預金の増加は、同じ量的緩和政策を採用している日米欧で発生している。

    欧米でも始まった紙幣の排除

    先進国でも、同じ理由で紙幣の廃止が始まっている。まず欧州は500ユーロ紙幣の廃止を決定している。さらなる高額紙幣の廃止も検討中だ。

    日本も現金の電子化と紙幣の廃止を進めている。日本の場合、対象は1万円札だ。2020年に向け通貨の電子化を政策的に推進しており、新聞記事もひっきりなしに掲載されている。1万札円の廃止は5年~7年後ともいわれている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://diamond.jp/articles/-/156771

    【【紙幣】1万円札がなくなるらしい 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/03(日) 09:41:13.61
    1万円札を廃止すべきだ──。こんな議論が突如浮上してきた。米ハーバード大学の経済学者、ケネス・ロゴフ教授が著書『現金の呪い』の冒頭で提言したのがきっかけである。高額紙幣が存在するからマネーロンダリング(資金洗浄)や脱税などが蔓延するし、タンス預金を助長して、消費や投資を促すマイナス金利政策の効果を弱めるというのが主張の根拠だ。

    すでにECB(欧州中央銀行)は500ユーロ(約6万1500円)紙幣の発行を2018年末で停止することを決めている。テロや犯罪の資金源を絶つのが目的で、ニッセイ基礎研究所専務理事の櫨浩一氏はさらにこう語る。「高額紙幣から段階的に現金を廃止するというのがロゴフ教授の提言で、ECBもその意向だと言われています。すべて電子データ上での決済になれば、架空口座経由でも最終的に犯罪者は自分名義の口座でお金を受け取るので、簡単に足がつくわけです」。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://president.jp/articles/-/22591
    a0006_002418

    【「1万円札を廃止すべきだ」「資金洗浄や脱税を蔓延させるほか、タンス預金を助長する」】の続きを読む

    このページのトップヘ