野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    線路

    1: 2017/06/30(金) 09:27:42.50 
    また警察絡みで「これはひどい」という情報に接した。

    毎日放送という関西のテレビ局が、昨日放送したニュース番組だ。

    リンク先の動画を要約しておく。

    伊豆丸精二という人が電車内で痴漢の疑いをかけられて被害女性から腕をつかまれ、駅事務室に行ったところ、警察官がやってきた。

    伊豆丸氏はICレコーダーで警察官とのやり取りを録音し、この録音が番組中で流されている。

    警察署への同行を求められた伊豆丸氏は、「自分は現行犯逮捕されていないということでいいか」「任意の事情聴取のために警察署に同行するのか」ということを警察官に繰り返し確認した。

    警察官は「そうです」などと答えた。

    そこで伊豆丸氏が警察署に同行したところ、警察署にいた別の警察官は、伊豆丸氏に対し「あなたはもう逮捕されている」という趣旨のことを告げ、手錠と腰縄をかけた。

    「話が違う」と抗議する押し問答の中で、警察官は「刑訴法上の話なんかどうでもええねん」とも言い放っている。

    「警察官は偽証のプロであるという認識は多くの弁護士に共有されている」ということを先日のエントリで書いたが、より広く言えば警察官は「嘘のプロ」だ。それが裁判の場では偽証になるという話。

    だから私は警察官の嘘など珍しいとも思わないが、任意同行といって同行しておきながら、「ざんねん実は逮捕でした」というのはあまりにもひどい。

    ひどいのは間違いないが、これは法律的には微妙な問題を含んでいると思う。

    この件は、警察官が駅事務室にやってきた当時、客観的にみて同氏が既に逮捕(私人による現行犯逮捕)されていたのか、それともされていなかったのかによって、法的な評価が大きく異なると思われる。

    「任意同行」と欺いて署に連行し逮捕した事案の考察

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://blogos.com/article/231833/

    【【逃げ場無しw】痴漢を疑われる → 警察官「署まで任意同行お願いします 」→ 任意のはずが逮捕】の続きを読む

    1: 2017/05/19(金) 09:17:40.16
    18日夜、埼玉県川口市のJRの駅で35歳の男がホームから線路内に立ち入ったとして逮捕されました。男は直前に、飲み物を誤って服にかけたことをめぐって面識のない女性とトラブルを起こしていて、警察の調べに対し「痴漢の犯人と間違われたと勘違いして逃げてしまった」と供述しているということです。
    逮捕されたのは、自称、さいたま市の無職、大塚聡容疑者(35)で、18日午後10時20分すぎ、川口市のJR川口駅のホームから線路内に立ち入ったとして鉄道営業法違反の疑いが持たれています。

    警察によりますと大塚容疑者は直前に、電車内で寝ていた際、面識のない女性のコートに飲み物を誤ってかけたことをめぐってトラブルになり、女性とともに川口駅で降りたということです。その後、線路に立ち入り、駅の外に逃走しましたが、JRの関係者に取り押さえられ逮捕されたということです。

    女性は「痴漢行為はなかった」と話しているということですが、警察の調べに対し、大塚容疑者は「痴漢の犯人と間違われたと勘違いしてパニックになり逃げてしまった」と供述しているということです。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010986991000.html

    【【痴漢】お前らが線路に逃げろ言うから真似する奴多数じゃないか!】の続きを読む

    このページのトップヘ