野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    落し物

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/09(土) 10:53:16.06 ID:ElY/z+Rm0 
    no title


    ①携帯電話を契約されていた
    「免許証を落とした時に、勝手に何社も携帯電話を契約されていたことがありました。警察に届け出たら、携帯ショップの
    防犯カメラで同年代くらいの女性と年配男性が契約したと判明。
    運転免許証って顔写真も載っているのに、お店ってきちんと確認していないんだなと思ったし、自分名義の携帯が不正に使われていたと想像すると、
    恐ろしかったです…」(女性・26歳)

    ②家の鍵だけだったら住所はわからないのに…
    「大学時代に同級生が財布を落として『カード類は止めたし、中身も5千円程度しか入ってないしいいや』と流していましたが、
    その中に身分証明と家の鍵も入れていたらしく、空き巣に入られていました。
    盗られたのはパソコンだけだったようですが、もしその時に家にいて、鉢合わせになっていたら命の危険もあったかもしれないし…。
    お金よりも、身分証を落とす方がなにがあるかわからなくて怖い」(女性・27歳)

    ③消費者金融でお金を借りられていた
    「職場の部下が、運転免許証や社員証が入った財布を紛失したんですが、拾った人が悪用したようで会社に消費者金融から督促の電話がきて、
    その子が取り乱して大変だったことがありました。
    一応、そこは大手の消費者金融だったので、話をつけたら支払う義務はないと返済はまぬがれたようですが、これがヤミ金で借りられていた…
    とかだったら、多分シャレになりませんよね…」(男性・36歳)

    no title


    携帯も消費者金融も、なんであれ身分証ひとつで契約ができてしまう世の中。

    財布の中に、身分証明書を保管している人は多いだろうが、紛失して良からぬ人の手に渡った時には大変な事件に巻き込まれかねない。

    身分証は気軽に持ち歩かずに、使用する時以外はきちんと安全な場所で管理したほうがいいかも。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://sirabee.com/2017/12/08/20161393209/

    【【注意】危険がいっぱい! 身分証明書を落とした時に起こった恐怖事件3選 】の続きを読む

    1: 2017/05/22(月) 15:28:13.97 ID:Mt43+N0M0 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
    先日落し物をしました。
    警察から連絡があり受け取りに行ったらこれを渡されました。
    個人情報を出さない為に公衆電話でかけましたが出てもらえず、結局携帯で連絡した所「どんな人か会いたかった」と言われ怖かったです。
    この制度悪用する人がいると思うのですが、警察の対応は正しいでしょうか?
    職業とか聞かれたので主婦と答え既婚であることを主張しましたが、なんだかんだとどの辺に住んでるとか聞かれて怖かったです😭😭😭
    no title

    https://

    【【怖い話】警察「落し物を拾った人にお礼の電話をしろ。しなかった場合落とし主の電話番号を拾い主に伝える」】の続きを読む

    1:  2016/09/20(火) 08:32:30.06
    no title米国の警察との法医学者らはこの3週間、オハイオ州の駐車場でビニール袋に入った常態で見つかった心臓の持ち主を探している。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

    ノーウォークのガソリンスタンドで軽食をとろうとした2人の救急医が8月25日に発見したもの。草の上に横たわっている小さなジップロックに気づき、中を見ると、そこには心臓があった。

    心臓は科学者らに送られ、現在その所有者の特定が行なわれている。病理学者によれば形や大きさは人間のそれに似ているが、正確な答えを出すためには詳細な調査が必要。動物の心臓、特に豚のそれは、人間の心臓に形状及び大きさが似ているのだ。

    「心臓がジップロックに見つかるということはそうない。稀なケースだ」と調査を担当するフルトン軍曹。

    先に伝えられたところによると、インドネシア警察が密売人から657体の冷凍アリクイを押収した。

    http://pbs.twimg.com/media/CsO8FjYXEAQ4PyD.jpg

    http://jp.sputniknews.com/us/20160919/2793643.html

    【ガソリンスタンドで心臓が見つかる 警察は持ち主を捜索 米国】の続きを読む

    このページのトップヘ