野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    薄毛

    1: 2017/03/11(土) 06:11:20.33 ID:6m6HRpf20 BE:121394521-2BP(2112)
    ほどほどの炎症が大切―組織の再生と炎症の意外な関係を解明―
    2017.02.28


    要点

    ・魚類はさまざまな組織を再生できる驚異的な能力を持つ
    ・マクロファージを欠損するゼブラフィッシュ変異体はインターロイキン1βの亢進と過度の炎症によって、再生細胞が細胞死を起こす
    ・過剰な炎症が細胞死を起こす一方、炎症そのものも組織再生の開始に必要
    ・組織の炎症応答は「諸刃の剣」として、組織再生を制御している

    概要

    炎症[用語1]は、あまりありがたくないものと考えられてきたが、炎症と組織再生の意外な関係が明らかになった。東京工業大学生命理工学院の川上厚志准教授らの研究グループは、ゼブラフィッシュを用いた解析により、組織再生が起こるにはちょうど良いレベルの炎症が重要であることを明らかにした。

    川上准教授らは以前の研究で、マクロファージ[用語2]などの免疫細胞を欠くゼブラフィッシュ変異体[用語3]は再生細胞が細胞死を起こして組織を再生できないことを発見した。今回、細胞死の誘導メカニズムを調べたところ、再生組織でのインターロイキン1β[用語4]の過剰な作用と炎症が原因であることが分かった。一方で、炎症応答をなくした場合にも正常に組織再生が起こらないことから、炎症そのものが組織再生に必須の役割があることも示された。

    ヒトの組織再生を活性化するーー

     全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:東京工業大学 東工大ニュース 2017.02.28
    http://www.titech.ac.jp/news/2017/037577.html

    【【育毛速報】適度に刺激を与えると組織が再生することが判明】の続きを読む

    1:  2017/02/21(火) 17:34:12.30 ID:CAP_USER9
    ■薄毛の原因とは

    薄毛になる要素は、複合的なため原因を1つに断定することは出来ません。
    しかし、薄毛に?がる原因として考えられているものには「遺伝」「脱毛症」「老化」「栄養不足」「頭皮環境悪化」「自律神経の乱れ」などが挙げられます。
    薄毛になる場合には、これらの原因が複数重なり合っていることも多く、原因が複数見られると更に薄毛が進行しやすくなります。

    ■よく怒る人は薄毛になりやすいの?

    よく怒る人が薄毛になりやすいとされる理由は、薄毛の原因の1つである「自律神経の乱れ」です。
    これは、よく怒ることによって引き起こされる可能性があるからです。
    自律神経は、交感神経と副交感神経の2つあり、身体や精神面のバランスを保つためには非常に重要な神経となっています。

    そして、自律神経は髪への栄養補給に深く関わっているため、自律神経が乱れると髪が栄養不足になります。
    そのため、自律神経が乱れることが薄毛に?がると考えられています。

    自律神経は、精神面に大きく影響されてしまいます。
    特に、よく怒ることは自律神経を乱す大きな原因になります。

    また怒る以外にも、「せっかち」や「我慢ばかりしている」「根に持つ」といった性格も同様に、自律神経を乱れやすくしてしまいます。
    そして、よく怒ることで過剰に分泌される男性ホルモンが「脱毛症」を引き起こす場合もあります。

    特に、ジヒドロテストステロンが原因で起こる男性型脱毛症は、男性ホルモンが大きく関わるものです。
    若い男性にも多く見られる脱毛症ですので、若い方で抜け毛が増加している方は注意が必要です。

    (全文はソース元でご覧ください) 

    http://news.livedoor.com/article/detail/12702007/

    【よく怒る人は薄毛になりやすい】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/02/15(水) 20:09:52.32 ID:CAP_USER9
    5万2000人分の生体データを用いた調査で、著しい抜け毛・脱毛につながる遺伝子座(遺伝子の位置)を識別することに成功したことが報告されています。
    まだ個人の「はげ」をどうこうする段階ではありませんが、「なぜはげるのか」という遺伝的な原因の解明が進むことが期待されています。

     これはエディンバラ大学認識老化・認識疫学センターのSaskia Hagenaars氏と同センターの統計遺伝学者ウィリアム・デイヴィッド・ヒル氏らによって行われた研究で、学術誌・PLOS Geneticsに2月14日に掲載されました。
    Hagenaars氏らは、「はげ」に関するゲノム全体の共同研究を行っているイギリスの生体バンクと協力して、40歳から69歳の男性5万2000人のゲノムと健康データを調べました。

    その結果、著しい脱毛・抜け毛と結びついた、287の遺伝子座を正確に示すことができました。
    また、共通の遺伝的変異に基づいて「脱毛がない」「著しく脱毛する」を識別する予測アルゴリズムも開発したとのこと。
    Hagenaars氏によれば、男性を「はげ」にする遺伝的シグナルの多くは母親から受け継いだX染色体由来のものだったそうです。

    (全文はソース元でご覧ください)


    http://gigazine.net/news/20170215-genetic-prediction-baldness/

    【【著しい抜け毛】「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩】の続きを読む

    1: 冬休み ★ 2017/02/10(金) 16:27:55.90 ID:CAP_USER9
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170210/Cobs_587547.html

    脇坂クリニック大阪とAACクリニック銀座はこのほど、「東京大阪の髪に関する意識調査(2017年)」の結果を明らかにした。同調査は2017年1月、東京・大阪に住む30代~60代の男女1,600名を対象にインターネットで実施したもの。

    30代の女性に「薄毛の人に対し、薄毛の話題に触れるか」と尋ねたところ、大阪の場合は31.0%、東京の場合は16.0%が「相手が誰であろうと薄毛の話題には触れない」と答えた。大阪は東京よりも、「薄毛の話題には触れない」とする人が2倍多いことがわかった。

    恋人、配偶者などが薄毛だったらどう思うか尋ねると、大阪の場合は47.0%が「気にしない」と答えた。一方、東京で「気にしない」と回答した人は35.0%で、大阪よりも10ポイント以上低かった。

    30代の男女に、もし自分が薄毛になったらどう思うか聞くと、大阪の女性の45.1%、東京の女性の50.5%が「絶対に嫌だし、何とか薄毛を改善しようと全力を尽くす」と回答した。男性よりも女性の方が、自身の見た目に対しては厳しいことがわかった。

    (以下サイト元でご覧ください)

    【【ハゲ】「薄毛を話題にしない」女性の割合、大阪は東京よりも「薄毛の話題には触れない」とする人が2倍多い】の続きを読む

    1: 2016/12/19(月) 03:01:42.63 ID:CAP_USER9
    きのう(15日)午後3時ごろ、東京・新宿区の児童公園で、小学生の女の子が遊んでいたところ、
    見知らぬ男が近づき、「1000円あげるからキスさせて!」と声をかけた。

     警視庁新宿警察署によると、不審者が出没したのは、新宿区北新宿2丁目の住宅街にある蜀江坂公園内。

     女の子はすぐにその場から走り去ったため、不審者の身なりはよく覚えていないが、30代で髪が薄かったという。

     警察は女児を狙ったいたずら目的の可能性があるとみて、パトロールを強化している。

    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18318.html

    【【東京・新宿】「1000円あげるからキスさせて!」 不審な薄毛の男、小学女児に声をかける】の続きを読む

    1:  2016/12/12(月) 13:01:33.50 ID:CAP_USER9
    no titleアメリカで多くの人に見られているサイトに「TOP TEN OF CITY」というのがある。ここで「Top 10 Foods for Healthy Hairs」、つまり「髪にいい食べ物トップ10」が発表され、1位に選ばれたのがなんと卵だったという。

     卵かけご飯や納豆というのは、日本人の朝食でごく一般的な風景。毎日卵かけご飯という人もいるだろう。ところがそう聞いて、「毎日、卵かけご飯を食べているのに、薄毛が解消されない」と怒る気持ちもわかる。確かに、卵を食べたからといって毛が増えたという実感はなさそうだが、フードコンサルタントで栄養士の中川貴子氏はこう言うのだ。

    「卵には、髪が生成されるために必要となるほとんどの栄養素が含まれています。髪の材料となるタンパク質も豊富。また、黄身には『ビタミンH』と言われるビオチンも豊富に含まれている。ビオチンは髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する働きがあり、育毛効果が高い成分で、卵は発毛・育毛効果の高い食べ物です。しかし、食べ方を間違えると発毛、育毛効果は得られません」

     その間違った食べ方というのが「卵かけご飯」なのだという。

     中川氏がさらに説明する。

    「生卵の状態で食べること、白身と黄身をかき混ぜることがダメなのです。その理由は、白身にあります。白身にはアビシンというタンパク質が含まれており、これが黄身の中にあるビオチンと結合すると、ビオチンが体内に吸収されるのを妨げてしまう。ですから、卵をかき混ぜれば混ぜるほど、育毛効果はなくなってしまうのです」

     それでは、このビオチンを効果的にとるためにはどうすればいいのか。

    「ズバリ、ゆで卵です。『かき混ぜない状態で過熱している料理』が最適で、目玉焼きもいい」(前出・中川氏)

     今や学会では、卵を多く取ってもコレステロール値が上がることはない、と断言している。ゆで卵と目玉焼きなら、これは手軽だ。

    (谷川渓)

    アサヒ芸能
    http://www.asagei.com/excerpt/71778


    【【薄毛の方に朗報】ゆで卵に育毛効果】の続きを読む

    1:  2016/08/17(水) 12:27:23.08 
    帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010001-newswitch-sctch
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160817-00010001-newswitch-000-1-view.jpg



    運動後、細菌数など増加。専門家は洗髪を推奨

     no title真夏の運動や外出時の必需品の一つに帽子がある。夏に帽子をかぶる最大の目的は頭を直射日光から守り、熱中症や日焼けを防ぐことにある。一方、帽子の中が蒸れることで頭皮や髪に悪影響があるのでは、との懸念も根強い。こうした中、帽子が頭皮や髪に与える影響を科学的に検証する動きが出てきた。業務上、帽子やヘルメットを着用する製造現場などにも研究成果の波及が期待される。

    都市伝説を暴く

     

    【帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト】の続きを読む

    1: 2016/09/28(水) 17:10:47.84 
    東京医科歯科大学名誉教授・の藤田紘一郎先生。腸内細菌の著書も数多く執筆する藤田先生は
    55歳でハゲ始めて大変に落ち込んでいたそうだが、なんと76歳で髪を取り戻した。

    そのキーワードは“腸内細菌”。なぜ腸が元気だと髪の毛が取り戻せるのか?


    アメーバニュース
    http://news.ameba.jp/20160928-730/
    http://stat.news.ameba.jp/news_images/20160928/15/9e/ms/j/o062004193d4a8f422552a59bdafe485d5de6eaa4_85513540823f2c6e02d0eae6270a84e0.jpg
    no title

    【76歳で毛髪がよみがえった!フサフサになった!糖質制限の腸力強化とは】の続きを読む

    このページのトップヘ