野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    認知症

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/03/22(木) 07:06:57.14 ID:U6gbLqVi0 
    no title


    あなたはちょっとした時間にスマホを見ることが当たり前になっていませんか?

    ニュースなどの情報収集のほか、SNSにメールにゲーム、読書もできるため、「一日中スマホばかり触っている」という人も多いかもしれませんね。

    しかし、最近では、スマホの使いすぎによって「スマホ認知症」と呼ばれる人が増加し、問題となっているようなのです。

    20代・30代でも物忘れが増える

    「スマホ認知症」は、スマホやパソコンなどを使いすぎることで、判断力や集中力が低下するなど、脳の機能を低下させてしまう状態のことを指す言葉です。これは、「もの忘れ外来」を開き、『その「もの忘れ」はスマホ認知症だった』などの著書がある脳神経外科医の奥村歩氏が命名しました。

    奥村医師によると、近年、判断能力や記憶能力が低下したという症状を訴えて来院する若い世代の患者が増えており、患者全体の約3割が20代から40代とのことです。

    この世代の患者は共通して、スマホやパソコンなどの端末を肌身離さず使っているところがあり、検査をしてみると、脳の思考や運動をつかさどる部分が「過労状態」になってしまっているそうです。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.toushin-1.jp/articles/-/5519

    【【注意】「スマホ認知症」が20代・30代に密かに増加 トイレにスマホを持ち込むやつは手遅れ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [JP] 2018/03/20(火) 21:43:57.41 ID:++vsJxaT0
    「あの人の名前、なんだっけ?」「昨日の晩ご飯、何を食べたっけ?」「実家の郵便番号っていくつだっけ?」……。30~40代にもなると急激に進む記憶力の低下。「あれ」「それ」といった指示語で会話する頻度が増えるたびに、「もしかしてボケが始まっているかも」と不安になる読者も多いことだろう。

     菅原脳神経外科クリニックの医師、菅原道仁氏は次のように説明する。

    「64歳以下で発症する認知症を『若年性認知症』と呼びます。認知症というと高齢者のイメージがありますが、64歳以下でも認知症になるケースが意外と多くあり、近年、若年性痴呆症(若年性認知症)が増加傾向にあります。また、認知症と診断されるには5つの診断基準がありますが、早期に適切な治療を行えるよう、すべてを満たさなくても『軽度認知障害』、いわば“認知症予備軍”と診断するケースも増えています」

    ◆認知症患者に共通する悪い生活習慣や性格とは?

     若年性認知症になった人には、行動などの点で共通点があるだろうか。若くして認知症と診断された人の家族や関係者ら188人に、「日常生活」「食事・飲酒」「仕事」についてのアンケートを実施し、若年性認知症になりやすい共通点を探った。「あてはまる」「ややあてはまる」との回答がもっとも多かったのは、「仕事にストレスを感じていた」で、188人中140人(74.5%)だった。また、「仕事への責任感が強かった、頑張り屋だった」も72.8%と高いのが特徴。

    「認知症は、さまざまな原因で起こると言われています。近年、企業で長時間労働を強いられることが増え、睡眠不足が慢性化した結果、無気力のうつ状態になり、認知機能が低下することがあります。また、仕事のストレスからお酒を飲みすぎたり、食生活の乱れからビタミンB群の摂取が足りないと認知症にもなりやすくなります。現代は、若年性認知症のリスクが高い時代ともいえます」

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180319-01455779-sspa-soci&pos=2

    【若年性認知症になった人々の共通点とは】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2017/12/08(金) 23:57:42.08 ID:CAP_USER
    <安価でヘルシーなイメージで人気のキャノーラ油が脳に悪影響を与えるという研究結果が出た>

    日々の料理に欠かせないキャノーラ油について、衝撃的な研究結果が発表された。
    米テンプル大学の研究グループがアルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えたところ、学習能力と記憶力が低下し、体重増加を招くことが判明した。

    英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に12日7日に掲載された論文は、私たちにとってごく身近な食用油であるキャノーラ油が、脳にどれほどのダメージを与えかねないかについて、新事実を明らかにしている。

    「キャノーラ油は他の植物油より安価で、ヘルシーだと宣伝されているため、消費者に人気がある」と、研究グループを率いたテンプル大学ドメニコ・プラティコ教授は言う。
    「だが、キャノーラ油がヘルシーと主張する根拠は薄弱で、とりわけ脳に与える影響を調査した研究はほとんどない」。プラティコは、同大ルイス・カッツ医学部にあるアルツハイマー病センターの責任者だ。

    プラティコの研究グループは、アルツハイマー病になるよう遺伝子操作されたマウスを実験に使用。
    生後6カ月の段階(認知症は未発症)で、通常の食餌をする対照群と、キャノーラ油大さじ2杯分に相当するサプリメントを毎日摂取する実験群という2つのグループに分けた。

    学習能力が低下した
    生後1年を経過した時点で、2つのグループの間に決定的な違いが生まれた。キャノーラ油を摂取したマウスは、そうでないマウスより体重が重かったのだ。研究グループはさらに、短期記憶(今日やるべきことなど、一時的に保存するだけの情報)と作業記憶(好きなケーキのレシピなど、一時的に保持した後でさらに処理する情報)を測定し、マウスの学習能力を比較した。すると、キャノーラ油を毎日摂取したマウスは、測定した3つの分野すべてで学習能力が低下していた。

    (続きはソース元でご覧ください)
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9082.php

    【【健康】キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/08/20(日) 23:07:21.78 0
    自分がなった場合も家族がなった場合も

    【認知症っておそろしくね?】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/06/04(日) 18:49:36.08 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170604/k10011006221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

    認知症の人たちがはいかいするなどして行方がわからなくなった際に、スマートフォンのアプリを使って捜し出す訓練が、神奈川県藤沢市で行われました。
    神奈川県藤沢市では、スマートフォンのアプリに登録した人たちに、はいかいするなどして行方がわからなくなった認知症の人たちの服装や特徴などの情報を送り、捜してもらう取り組みを来月から始める予定です。

    4日は、市内の企業の従業員や近くの住民ら、およそ40人が参加して、自宅からいなくなった女性を見つける想定で訓練が行われました。参加者は5人1組になって、行方がわからなくなった人の特徴を基に似ている女性を捜し出し、見つけた際の連絡方法や保護の手順などを確認しました。

    参加した30代の男性は「見守りには近所の人の声かけが大切です。アプリを活用できるようになれば有効だと思います」と話していました。

    6月4日 16時06分
    a0002_004913

    【【話題】認知症の行方不明者 アプリを使って捜す訓練】の続きを読む

    1:  2017/02/26(日) 21:45:57.87 ID:N4xtC0Vq0 BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
    若年性認知症、全国で実態調査…厚労省方針
    読売新聞 2/26(日) 9:05配信

    厚生労働省は、働き盛りの世代で多く発症する「若年性認知症」の全国実態調査を初めて実施する方針を決めた。

     2017年度から3年かけて患者とその家族約1万人の就労状況や生活実態を調査したい考えだ。
    高齢者の認知症と比べて遅れがちな支援策を検討する。

     調査は、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」(東京)が国の予算約6000万円で行う。
    認知症グループホーム約1万3000か所や、認知症専門の医療機関約360か所などを対象に、アンケート用紙を配布。
    患者数、性別、年齢などを尋ねる。

     また、これらの関係機関を通して、本人や家族に、発症に伴う就労形態や収入の変化や、職場が行った配慮などの
    質問に答えてもらう。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00050002-yom-soci

    【【若年性認知症】おっさんは最近思い出せなかったことを書いてって 】の続きを読む

    1: きう ★ 2017/01/08(日) 17:10:16.85 ID:CAP_USER9
    http://www.news-postseven.com/archives/20170108_480732.html
     性格と長寿の相関関係をめぐっては多くの研究成果が報告されている。

    ◆皮肉屋はボケやすい

    ◆頑固な人は認知症になりやすい
     
    ◆嫉妬深い妻はボケやすい

    (研究内容はサイト元をご覧ください。)

    ※週刊ポスト2017年1月13・20日号

    【【高齢化社会】頑固な人は認知症に、嫉妬深い妻はボケやすいとの調査結果】の続きを読む

    1: 2017/01/05(木) 23:35:16.04 ID:xI6bIZyN0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    高齢化の進展に伴い、2025年に認知症患者数が700万人になるとも言われている。「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策PJ(プロジェクト)」を運営する日清オイリオグループが昨年、40歳以上の男女1200人に対して「認知症予防に関する意識調査」を実施したところ、約8割の人がもの忘れやど忘れを自覚していることが分かった。また、自身が「歳」だと感じている人は約9割にも達し、「あれあれ言葉になってしまう」こと「歳」を感じる瞬間の第一位となった。その他にも日常生活の様々なシーンで「歳」を感じているようだ。
    ■約8割の人がもの忘れやど忘れをすることがあると自覚。週に一回以上「もの忘れ」や「ど忘れ」をすることがある人は約56%、
    項目別では「ドラマや映画のタイトルが思い出せない」が1位に

    http://www.excite.co.jp/News/product/20170105/Dime_329894.html

    【【((((;゚Д゚))))】40才以上の3割が「一昨日食べた晩ごはんを思い出せない」】の続きを読む

    1: fallen leaf ★ 2016/10/29(土) 14:33:38.51 ID:CAP_USER9
     ◇神奈川県警港南署が過失致死傷容疑で逮捕

     横浜市港南区で軽トラックが集団登校していた児童の列に突っ込んだ事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された無職、合田政市(ごうだ・まさいち)容疑者(87)が、事故前日の27日深夜から事故直前の28日未明にかけて、軽トラックを運転し続けていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かった。長時間運転の後に事故を起こした可能性があり、神奈川県警港南署は、事故に至る経緯や容疑者の健康状態を調べている。

     捜査関係者によると、合田容疑者は27日朝に横浜市磯子区の自宅を1人で出て、軽トラックで県内外を走行。事故を起こすまでの間、自宅には戻っておらず、夜間も軽トラックで移動していたという。逮捕前の聴取では「どうやって事故現場まで行ったのか、よく覚えていない」などと話していたという。

     合田容疑者は2013年11月に認知症の検査を受けて異常がなかったとされ、同12月に免許を更新している。有効期限は3年間で、更新時期が近づいていた。

     逮捕容疑は28日午前8時ごろ、港南区の市道で軽トラックを運転中、前に停車中の軽乗用車に乗り上げるようにして追突して横転。登校中の児童の列に突っ込み、市立桜岡小1年の田代優(まさる)さん(6)を死亡させ、一緒にいた児童らにも重軽傷を負わせたとしている。

     県警は当初、けが人の数を児童8人を含む11人と発表し、一部の負傷程度を調査中としていたが、医師の診断の結果、児童4人には外傷はなかったとした。この結果、けが人の数は児童4人を含む7人となった。

    毎日新聞 10/29(土) 13:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000036-mai-soci

    【【神奈川】<横浜小1事故>逮捕の87歳、前日から夜通し運転か】の続きを読む

    このページのトップヘ