1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [NL] 2018/01/25(木) 16:51:54.34 ID:Q7VYEALG0 
no title


金利が低下すると、おカネを銀行など金融機関に預ける気持ちを低下させる。マイナス金利は個人顧客には適用されないものの、結果的に現金保有(いわゆるタンス預金)を増やす結果となった。

昨年末で現金(紙幣)の発行残高は106兆円超であった。その内、タンス預金は約40兆円と言われている。これも量的金融緩和・マイナス金利の副作用である。タンス預金の増加は、同じ量的緩和政策を採用している日米欧で発生している。

欧米でも始まった紙幣の排除

先進国でも、同じ理由で紙幣の廃止が始まっている。まず欧州は500ユーロ紙幣の廃止を決定している。さらなる高額紙幣の廃止も検討中だ。

日本も現金の電子化と紙幣の廃止を進めている。日本の場合、対象は1万円札だ。2020年に向け通貨の電子化を政策的に推進しており、新聞記事もひっきりなしに掲載されている。1万札円の廃止は5年~7年後ともいわれている。

(詳しくはソース元でご確認ください)

http://diamond.jp/articles/-/156771

【【紙幣】1万円札がなくなるらしい 】の続きを読む