野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    警視庁

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [FI] 2018/10/24(水) 12:31:32.77 ID:Uw3vI4+D0
    悪質な交通違反者に…410人に逮捕状 警視庁

     東京都内で交通違反をしたにもかかわらず、反則金を納めなかったり出頭に応じなかった違反者410人に対し、警視庁が24日午前に逮捕状を取ったことが分かりました。

     警視庁が逮捕状を取ったのは東京都内でスピード違反や信号無視、無免許運転などの交通違反をした男女410人です。警察署への再三の出頭要請に応じず、反則金を納めないなど悪質な違反者が対象です。捜査関係者によりますと、410人のなかには速度違反や無免許運転を繰り返し、今回で5度目の逮捕になる男もいるということです。警視庁は24日午前に逮捕状を取り、今後、警察署に送った後にそれぞれの自宅などを訪ねて410人を逮捕する方針です。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000139184.html
    10210-10210-20170610140754-2-l

    【【警視庁】反則金払わない違反者410人に逮捕状。今日にもお前の家に来るぞ覚悟しろ。 】の続きを読む

    1:  2017/04/06(木) 07:20:02.52 ID:CAP_USER9
    警視庁のシンボルマスコット「ピーポくん」が誕生して、今月で30周年を迎える。記念に制作したアニメに、ピーポくんが夢の中で変身した設定という筋骨隆々のキャラクター「スーパーピーポくん」が登場し、話題を呼んでいる。警視庁のウェブサイトで3月下旬に公開以降、3万回近い閲覧数を稼いでいるという。
    no title

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASK4532P0K45UTIL00F.html 

    【【驚愕】ピーポくんがムキムキに!!】の続きを読む

    1: 鄙び湯治宿 ★ 2017/03/16(木) 14:23:22.42 ID:CAP_USER9
    沖縄県名護市のハブ捕り名人が出荷するまでの間、自宅で保管していたことが動物愛護法上の無許可飼育に当たるとして、警視庁に今月逮捕された。県内のハブ捕りの間では普通のことで、「これが違法なのか」と困惑が広がる。

    冷凍庫で凍らせていた

     男性(60)は、捕ったハブを沖縄県内のハブ酒メーカーや東京のヘビ料理店に出荷している。納入の時間まで数時間保管したり、航空便で送るため冷凍庫で凍らせていたのが「飼育」だとされた。

     男性によると、東京のヘビ料理店捜査の延長で警視庁の捜査員が名護市の自宅を4回訪れ、ヒメハブ延べ63匹を確認。「悪いこととは思わず、どうぞどうぞ、と一時保管のハブを見せたら逮捕につながった」と当惑する。

    ■飼うのが目的ではないのに

     1日に逮捕、東京まで移送されたが、10日に東京区検が不起訴にして沖縄に戻れた。初回の事情聴取後に取得した県の飼育許可証を手に、「飼うのが目的ではないのに」と首をひねる。

     男性の弁護人、江口大和弁護士は「殺すことが前提の一時保管は飼育には当たらない。警視庁の無理解から来た不当逮捕だ」と批判。警視庁は「コメントできない」とした。 

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88716

    【【法律】ハブ捕り名人困惑「これって違法なのか…」 出荷まで自宅の冷凍庫で保管→警視庁「無許可飼育」と捜査】の続きを読む

    1:  2017/02/22(水) 14:58:38.84 ID:CAP_USER9
    産経新聞 2/22(水) 14:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000524-san-soci
     国内希少野生動植物種の「シャープゲンゴロウモドキ」を販売したとして、警視庁生活環境課は種の保存法違反容疑で、静岡県焼津市駅北の自称標本商、山本直樹容疑者(56)を逮捕、購入した松江市の元大学教授の男(67)を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めている。

     山本容疑者の逮捕容疑は昨年9月22日、東京都千代田区で開かれた昆虫標本の展示即売会「インセクトフェア」で、シャープゲンゴロウモドキの標本1匹を1万円で、元大学教授に譲り渡したとしてる。

     同課によると、シャープゲンゴロウモドキは愛好家の乱獲などで一旦生息記録が途絶え、現在千葉県などでわずかに生息する希少種で、平成23年から種の保存法で譲渡などが禁止されている。山本容疑者はかつて生息していた島根県で仲間と採集を繰り返していたという。

     千葉県の保全家がフェアの会場で見つけて警察に通報し、発覚した。

    【【警視庁】希少な「シャープゲンゴロウモドキ」を販売 種の保存法違反容疑で56歳男を逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ