野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    財務省

    1: ノチラ ★ 2018/04/12(木) 14:06:55.34 ID:CAP_USER
    財務省は11日に開いた財政制度等審議会の分科会で、社会保障の改革案を提示した。地域の実情に応じて都道府県がそれぞれ医療費を引き下げることや、厚生年金の支給を始める年齢を68歳に引き上げることが柱。高齢化によって財政支出が膨らむのを抑制する狙い。政府が6月に策定する新たな財政健全化計画に盛り込みたい考えだ。

    厚生年金の支給開始年齢は、2025年にかけて60歳から65歳へと段階的に引き上げられている。財務省は、欧米の主要国が67、68歳としている現状を踏まえ、日本でも68歳まで一段と引き上げることを提案した。
    https://this.kiji.is/356793390278542433
    6

    【【鬼】年金支給年齢の引き上げ提案。財務省、65歳から68歳に 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/16(火) 17:48:20.77 ID:CAP_USER
    財務省の官僚たちが早くも19年度税制改正に目を向け始めている。18年度中には、消費税率を10%に引き上げることに伴い、生活に欠かせない品目の税率を据え置く「軽減税率」のために6000億円の財源を決める必要がある。早くもささやかれるのが、株式の配当や売買にかかる金融所得課税の増税。18年度の税制大綱には「金融所得に対する課税のあり方」について「総合的に検討する」と明記してあり、税率の引き上げへの布

    (詳しくはソース元でご確認ください)…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25606870S8A110C1000000/
    6

    【【増税】財務省内でささやかれる「金融所得増税」 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/10/24(火) 06:59:44.36 0
    政府の税制調査会は23日に総会を開き、会社員などの所得税を計算するとき、収入の一定額を経費と見なして税額を少なくする「給与所得控除」について議論しました。財務省は働き方が多様化している中で、会社員だけが恩恵を受ける仕組みは時代に合わなくなってきているとして、見直しを提案しました。
    images

    【【増税?】サラリーマンはほとんど税金払ってない!給与所得控除を見直す動き 】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/21(土) 21:14:41.56 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H0D_R20C17A1NN1000/

     財務省は世界銀行グループで最貧国の開発を担当する国際開発協会(IDA)に6000億円規模の投融資を実施する。
    3年前のIDA向けの支援額に比べ約2割増やす。世銀は難民の増加やテロの温床になりやすい
    貧困対策のため業務を拡大している。日本政府は財政負担の小さい融資を中心に支援を強化し、世銀での発言権強化につなげる。

     

    【財務省、最貧国支援に6000億円規模の投融資を実施へ】の続きを読む

    1:  2016/09/10(土) 10:57:31.57 
    2017年度の税制改正で、ビール類の酒税の見直しが議論されることになった。ビールを減税、発泡酒や第3のビールは増税し、統一しようというのだ。
    財務省にとっては長年の悲願といえるテーマだが、ビールメーカーや消費者の反発も根強い。

    現行の税額は、350ミリリットル当たり、ビール77円、発泡酒47円、第三のビール28円。税額の差は小売価格に直結し、
    ビールは第三のビールの約1.5倍程度とされる。

    財務省が税率の格差是正を狙うのは、似たような飲料なのに税額が異なることで市場に生じているひずみを是正したいから。端的に言えば、
    「税額の安いビール類の開発競争ばかり進み、税収減にもつながっている」という不満だ。

    これに対し、メーカーは、決められたルールの中で税額の低い第三のビールなどの技術開発に力を注いできただけに、「財務省の都合で後から
    『土俵』を変えられるようなもの」との思いがある。

    財務省が現在考えているのは、税額を350ミリリットル当たり55円に一本化するというもの。他の酒類も含め酒税の税収約1.3兆円の総額を変えないのが前提だ。
    この案通りなら、減税になるビールの小売価格は安く、増税になる発泡酒・第三のビールは高くなる見込み。

    年末の2017年度税制改正大綱をまとめるまでにはメーカー側の巻き返しも予想され、スンナリ決まるかはまだ見通せない。


    http://www.j-cast.com/2016/09/10277018.html

    【ビールメーカーVS財務省 「発泡酒など増税」めぐるバトル】の続きを読む

    このページのトップヘ