野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    遭難

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [IN] 2018/02/23(金) 08:03:56.15 ID:a56mkoQq0 
    ロシア東シベリア・サハ共和国で22日までに、自転車で極寒の地オイミャコンを目指していた日本人学生4人が地元当局に保護された。
    1人が足に軽い凍傷を負った。ロシア通信が報じた。
    在ハバロフスク日本総領事館によると、4人とも生命に別条はない。

    ロシア通信によると、4人は京都から来た21~22歳。
    共和国の首都ヤクーツク近郊からオイミャコンを目指したが、氷点下約40度の寒さで旅を続けられなくなった。テントで休んでいた4人を通り掛かりの住民が発見、病院に運んだ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.sankei.com/world/news/180223/wor1802230009-n1.html
    img_0

    【【極寒】気温-40度 チャリでシベリア旅行中の日本人グループ、保護される 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [DE] 2018/01/04(木) 22:52:18.78 ID:l9/mdfS50
    埼玉県は、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した際にかかる費用を徴収する制度を全国の自治体で初めて今月1日から始めました。
    この制度は救助に危険が伴う山に限定したもので、県は、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するためのものだとして、注意を呼びかけています。

    埼玉県では山岳での遭難事故が去年は63件で、この10年で1.5倍に増加していて、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するため、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した場合、燃料費に相当する手数料を徴収する制度を今月1日から始めました。

    徴収する金額は5分で5000円で、例えば救助に1時間かかった場合は6万円となります。

    対象は小鹿野町にある二子山や日高市の日和田山など、6つの山の埼玉県側にかかる頂上付近や岩場など、救助に危険が伴う山に限定しています。

    自治体の防災ヘリでの救助が有料化されるのは全国で初めてで、埼玉県は新たな制度の周知を進め、準備を十分に整えて登山するよう呼びかけています。
    埼玉県消防防災課の市川善一課長は「登山をする際は綿密に計画を立てて、天候が悪い場合はやめる勇気をもってほしい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011279041000.html
    no title

    【【埼玉県】「ヘリで救助するの有料にします。5分で5000円です」 】の続きを読む

    1:  2016/09/21(水) 14:36:28.78 
    今月17日、東北町の山林で、キノコ採りの途中に行方が分からなくなっていた85歳の男性が、3日ぶりに無事保護されました。
    家族によりますと男性は「一緒にいた娘が遭難したと勘違いしてずっと捜していた」と話しているということです。
    保護されたのは東北町に住む85歳の男性で、警察によりますと、今月17日、町内の山林に、娘と一緒にキノコ採りをしていましたが、途中ではぐれ、そのまま行方がわからなくなっていました。
    警察や消防などでは、遭難したとみて翌日の18日から捜索を続けていましたが、20日午後2時ごろ、捜索に加わっていた知り合いが林道で横になっている男性を見つけ保護しました。
    男性は病院に運ばれ手当てを受けていますが、意識ははっきりしているということです。
    男性の長男によりますと、男性は、「娘が遭難したと勘違いしずっと捜していた。自分が遭難したという認識はなかった」と話しているということです。
    警察では、男性の回復を待って、この3日間の行動などについて話を聞くことにしています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6085845671.html

    【「娘が遭難したと勘違いし(3日間)ずっと捜していた。自分が遭難したという認識はなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ