野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    鉄道

    1: 名無し募集中。。。 2017/10/28(土) 11:18:32.91 0
    東急電鉄の新入社員 落とし物パスモを不正使用か(2017/10/27 18:44)

    駅の新入社員が落とし物のパスモを着服して解雇されました。

    東急電鉄によりますと、東横線渋谷駅の男性新入社員(23)が遺失物窓口に届いた乗客3人分のパスモを勝手に持ち出し、合計約7000円を不正に使ったということです。落としたパスモを引き取りに来た女性が残額が減っていることに気付き、男性社員の関与が発覚しました。

    男性社員はジュースなどを買うのにパスモを使ったと認めたため、解雇されました。東急電鉄は「深くおわびします。被害に遭われた方には弁償します」としています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000113229.html



    【東急電鉄の新入社員(23)、落とし物で届いたパスモでジュースを買っていたことがバレ入社半年あまりでクビ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2017/10/17(火) 10:53:58.00 
    改札を通ってからホームに着くまでおそらく日本最長と思われる距離の駅が話題になっている。
    その駅は上越線土合駅の改札から下りホームまでの動画がTwitterにて投稿されており話題になっている。

    改札をくぐってから100メートルほど歩いたところに見えるのが下り階段。下り階段の先は見えないほど長く、エスカレーターも無しで自力で上り下りしないといけない。

    階段を何段も降りるとようやくホームが見える。ここまで早送りの動画でさえ1分以上掛かっているが、実際には15分掛かっているという。

    このツイートは19万リツイートされ、31万のいいねが付けられて大拡散。

    ここに似たような感じの駅では、新潟県糸魚川市にある筒石駅も雰囲気は似ており、改札からホームまでは300段の階段を上り下りしないといけない。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/33929
    no title

    no title

    no title

    【改札からホームまで15分掛かるという凄い駅が話題に! まるで地下ダンジョン 】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2017/09/30(土) 11:17:17.43 ID:CAP_USER9
     地元特産の三島馬鈴薯(ばれいしょ)を使った「みしまコロッケ」を食べてもらおうと、伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)は30日から、コロッケをかたどった三島-修善寺間1日乗り放題乗車券(1020円)を主な駅で販売する。切符の入っている袋を提示すると、駅周辺の約30店舗で割引きやコロッケ1個プレゼントなどの特典が受けられる。限定1000枚。販売と利用は今年度末まで。

     市内で開催された全国コロッケフェスティバルに合わせ、企画された。

     特典は、伊豆箱根三島駅そば店で、コロッケそばを注文すると、大盛りまたは温泉卵をサービス。修善寺駅売店「イズーラ修善寺」で、みしまコロッケ5個を購入すると1個サービスがつくなど。無人駅の原木駅、牧之郷駅以外のすべての駅で購入できる。

     同鉄道総務課の杉原理恵さんは「みしまコロッケを多くの人に知ってもらう機会になれば」としている。 

    (詳しくはソース元でご確認ください) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000020-mai-soci

    画像
    no title

    【【地方】コロッケ型乗車券 伊豆箱根鉄道で限定1000枚】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/06/22(木) 07:21:14.15 ID:CAP_USER9
    good-design-eco2シカが線路内に侵入して鉄道会社が困っている──。国内鉄鋼メーカートップである新日鐵住金のグループ会社、日鐵住金建材で商品開発に携わる梶村典彦の目に、そんな新聞記事が飛び込んできた。

    普通の人なら「ふーん、そうか」と読み流す程度の記事だろう。だが、どんな些事にも関心を抱く性分の梶村は違った。「どれほど困っているのか鉄道会社にヒアリングしたい」と即行動に移した。そして、全国で年間約5000件もシカと列車の衝突事故が起きて遅延や死骸処理など大きな損失を出し、防止柵で対策してもシカの侵入を一向に防げず、むしろ被害が拡大していたことが分かった。

    これが、鉄道のシカ被害を低減する「ユクリッド」を開発することになったきっかけだった。

    「社会問題を探し出し、それを解決する商品開発が使命だった」という梶村は、すぐさま研究に着手する。全国の鉄道会社や有識者の元を行脚しリサーチしたが、シカで困っているのに鉄道に出没するシカを研究する人がいない。暗中模索のスタートだった。

    現場行脚で発見したシカが線路内に入る理由

    当時は新入社員だった、梶村の部下の見城映(あきら)。彼が学んだ大学教授は、シカに関する研究をしていた。梶村はその研究を足掛かりに、見城と二人三脚で開発に取り組んだ。「最も苦労したのは相手が動物だったこと」と梶村は振り返る。話が通じず、人がいると警戒して姿を現さないからだ。

    そこで、シカが出没すると作動するセンサー付き定点カメラで観察した。1カ月に2000~3000件ものデータを集め、見城が頭数、性別、線路に侵入してから出ていくまでの時間などで分類、数値化して分析した。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/ダイヤモンドオンライン
    http://diamond.jp/articles/-/132657

    【【動物】シカと列車の衝突事故が起きる原因は「鉄分」だった!】の続きを読む

    1: 2017/04/28(金) 12:11:47.83 ID:CAP_USER
    MRT photo 2017年4月19日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今年も既に116回発生している。

     この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

     現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

     韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性が低いです。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

     韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

    globalnewsasia
    2017年4月26日 14時16分
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4281&&country=12&&p=2

    【【ケンチャナヨ】韓国にメンテナンスを委託したことが、最大のミス「マニラMRT-3」毎日故障 フィリピン】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/18(火) 12:30:56.44 ID:CAP_USER9
    <3月以降、都内で6件>

    東京都内で3月以降、電車内での痴漢を疑われた男がホームから線路に飛び降りて逃走する事件が相次いでいる。電車の運行がストップして大勢の乗客に迷惑をかけるだけでなく、電車にはねられる危険もあり、鉄道会社は「絶対にやめてほしい」と呼びかけている。法律の専門家も「逃走は最もやってはいけない行為」と指摘している。 

    (中略)

    <冤罪なら冷静に対処>

    線路に逃走した男たちの行方は分からず、痴漢をしたかどうかは判明していないが、身に覚えがないのに痴漢を疑われた場合はどう対処すべきなのか。

    元裁判官で全国痴漢冤罪(えんざい)合同弁護団長を務めた秋山賢三弁護士は「実際に痴漢をしたのなら、正直に話すべきだ」としたうえで「逃げることは最もやってはいけない行為」と話す。
    秋山弁護士は「逃げる際に被害を訴える女性や駅員、周囲の人にぶつかって転倒させると傷害罪に問われる可能性がある」と指摘し「冤罪なら、名刺を渡すなど連絡先を伝え、その場を立ち去ること。
    悠然とした振る舞いが望ましい」とアドバイスする。そうすることで相手が冷静になり、記憶が整理されることもあるという。

    (全文はソース元でご覧ください)

    3月以降に東京都内であった痴漢を疑われた人物の線路立ち入り事件
    no title


    配信 2017年4月18日 10時45分(最終更新 4月18日 12時15分)

    毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20170418/k00/00e/040/188000c

    【【鉄道】痴漢疑われ、相次ぐ線路逃走 過去に死者、多額賠償も-3月以降、都内で6件発生】の続きを読む

    1: 2017/02/23(木) 17:31:25.53 ID:CAP_USER9
    最高級客室は120万円…豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」初お披露目
    2017.2.23 11:45

    6月17日から運行を始めるJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の車両が23日、大阪市淀川区の操車場で初めて公開された。

    記念式典では、JR西日本の来島達夫社長が「お客さまの期待に応えたい」とあいさつ。除幕式では、カウントダウンとともに深緑に金のラインが引かれた車体がゆっくりと車両庫から姿を現した。

    瑞風は平成27年に定期運行を終えた寝台列車「トワイライトエクスプレス」の後継。大阪と京都を発着し、1~2泊の日程で山陰や山陽地方を周遊する。

    10両1編成で、大きな窓のある食堂車では、流れる景色を眺めながら沿線の食材を使った料理が楽しめる。先頭車両には、展望室があり、デッキにも出ることができる。

    客室は「ロイヤルシングル」と「ロイヤルツイン」、「ザ・スイート」の3種類が用意され、料金は1人27万円から。最高級のザ・スイートは120万円に上る。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/west/news/170223/wst1702230032-n1.html
    報道陣に公開された「瑞風」
    no title

    no title


    豪華寝台列車「瑞風」の車両お披露目 JR西日本
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010887521000.html(動画あり)

    【【JR西日本】最高級客室は120万円…豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」お披露目】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/22(日) 20:43:34.45 ID:CAP_USER9
    22日午前11時ごろ、和歌山県御坊市内を走る紀州鉄道の御坊―学門駅間で、御坊発西御坊行きの列車(1両編成)が脱線した。
    御坊署によると、乗客5人と運転士にけがはなかった。

    JR紀勢線御坊駅と西御坊駅間の約2・7キロを結ぶ同鉄道は「西日本一短い私鉄」として知られる。
    同署や同鉄道によると、列車は当時、時速約15キロで走行中。
    カーブを過ぎたあたりで強い衝撃を感じた運転士が、急ブレーキをかけて停止したところ、後方の車輪が脱線していたという。

    同鉄道は終日運転を取りやめ、原因を調べている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12574287/
    2017年1月22日 17時8分 朝日新聞デジタル

    no titleno title

    【【和歌山】紀州鉄道が脱線、けが人なし 「西日本一短い私鉄」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/22(木) 09:47:57.58 ID:CAP_USER
    http://toyokeizai.net/articles/-/150527

    列車で通勤、通学をした経験のある方なら、誰でも一度はやらかしているであろう乗り過ごし。
    学生時代、部活でヘトヘトになって電車に乗って、気がついたら山の中……。仕事疲れで、ついウトウトしてしまって隣の県に……。
    飲み会でガッツリ飲んで終電車に乗って、帰りのタクシー代が……。シートに座ったが最後、見知らぬ土地へと運ばれるショックは、精神的にも金銭的にも大ダメージだ。
    そこで、時刻表で見つけた全国各地の「寝過ごしたら危険な列車」を筆者が独自にピックアップ、乗り過ごした際の「危険度」を最上位のSからEまでランク付けしてみた。忘年会・新年会で乗り過ごしのリスクが高くなってきている季節、本記事を参考にしていただけたら幸いである。

    「きょうは早く帰れる」そんな日に要注意!
    まずは、ターミナル駅を17時台~19時台に出発する列車から。JR九州の吉塚17時37分発の早岐(はいき)行(博多17時47分発)や、久里浜16時45分発の鹿島神宮行(横浜17時38分発、東京18時10分発)は、なかなかの長距離列車。乗り過ごすと相当なダメージだ。だが、終点まで乗り過ごしても、普通列車や快速列車を乗り継げば、前者は始発駅の吉塚まで、後者は横浜までなら戻れる。これらの列車は比較的危険度の低い「E」だ。この時間帯で危険なのは、JR東海の亀山18時02分発の新宮行。この列車は三重県の亀山から、

    津、松阪、尾鷲、熊野市と紀勢本線をひたすら走り、紀伊半島を南下。和歌山県の新宮へと向かう列車だ。
    三重県の県庁所在地、津を18時23分に出発するため、帰宅時に利用しやすい。
    だが、津から2駅先の高茶屋駅で快速の通過待ちのため9分停車、多気で時間調整のため24分停車とのんびり走るため、ウトウトしながら「まだ、ここか……」なんて思って熟睡してしまうと、新宮まで運ばれてしまう危険性がある。新宮着は22時41分。折り返しの列車は熊野市までしかない。出発時間帯が早く、熟睡する可能性が低いことから危険度は「C」判定。だが、乗車の際は注意していただきたい。
    JR九州の鹿児島中央18時46分発延岡行の列車も危険だ。隼人あたりで下車するつもりでこの列車に乗り込み、熟睡してしまったら、都城、宮崎を通って、宮崎県の延岡まで運ばれてしまう。延岡到着は23時17分。折り返そうにも反対方向の列車は全て終了している。こちらも早い時間に出発するが、新宮行の列車よりも長距離を走るため、危険度は「B」だ。


    (続きはサイトで)

    【【身近な恐怖】眠るな危険!乗り過ごしたら大変な通勤列車…気付いたら隣の県や山の中】の続きを読む

    1:  2016/11/25(金) 23:08:24.14 ID:CAP_USER9
    JR北海道は25日、「ありがとう留萌本線(留萌~増毛間)お別れセレモニー」について発表した。留萌本線留萌~増毛間の営業終了に合わせ、12月4日に留萌駅・増毛駅でセレモニーを実施する。当日は留萌駅・増毛駅および両駅周辺の駐車場が少ないことから、JR北海道は「公共交通機関のご利用をお願いします」と呼びかけている。

    *+*+ マイナビニュース +*+*
    http://news.mynavi.jp/news/2016/11/25/551/ 

    【【さよなら増毛駅】留萌本線(留萌~増毛)、お別れセレモニー…強風の場合は中止も】の続きを読む

    このページのトップヘ