野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    障害者

    1:  ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [HK] 2018/04/26(木) 21:36:30.96 ID:3ja2rJYc0
    重度の知的障害生徒の「進学の夢」どうなる
    http://www.qab.co.jp/news/20180426101744.html


    no title

    【「進学の夢が置き去りにされている」重度の知的障害者の高校不合格に両親が異議申し立て 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [NL] 2018/02/21(水) 08:03:42.55 ID:Mgl4HoeE0 
    「駅の無人化は差別」 障害者団体が撤回要望
    http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/02/21/JD0056643738

     JR九州が大分市内8駅の無人化を計画している問題で、障害のある人や支援者らでつくる「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」は20日、「無人化は差別に当たる」と訴え、同社に計画の撤回と協議の場を設けるよう要望した。

     同会共同代表の徳田靖之弁護士(73)=別府市=ら9人が大分市の同社大分支社を訪問した。徳田弁護士は「利便性や安全性の問題だけでなく、障害のある人や高齢者にとって差別につながりかねない」と指摘。宮西君代共同代表(55)=大分市=が兵藤公顕支社長に要望書を手渡した。

     同会によると、非公開の意見交換でJR側から「既に無人化し、遠隔案内システムを導入した福岡県では困っているという意見はなかった」「システムを整備した上、駅員を配置するのは過重な負担になる」と説明があったという。

     平野亙共同代表(62)=同=は「私たちの団体には、福岡の人たちから困っているという声が多く届いている。一番困る人たちの声を聞いてほしい」と強調した。

     取材に対し、大分支社は「要望の内容を本社と共有したい」と話した。

     同団体は今月12日、「JRは誰もが安心して利用できる公共交通としての責務を放棄している」として無人化や大幅減便に反対する集会を開催。約200人が集まった。
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【障害者団体「駅の無人化は差別」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/11/09(木) 13:01:53.55 ID:FNkNtN+X0

    「恥を知れ」「怠け者」……“見えない障害”への偏見と戦う女子大生が話題に
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171109/Jisin_31282.html
    d644bba3

    【【マナー】障害者だから優先席に座ってると「お前健康だろ」って怒られるんだよ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/21(木) 20:21:05.20
    ことし3月、沖縄から大阪行きのフェリーを利用しようとした電動車いすの男性が、船会社から乗り降りの際の安全確保に不安があるなどという理由で乗船を断られていたことがわかりました。男性から申し立てを受けた、沖縄県の調整委員会は「差別的だと疑われかねない」として、船会社に対し、対応の改善を求めました。
    ことし3月、電動車いすで沖縄に旅行に来ていた兵庫県の脳性まひの41歳の男性が、鹿児島県に本社があるマルエーフェリーの那覇発大阪行きの便を予約して乗ろうとしたところ、乗船直前に乗り降りや船内での安全確保に不安があるという理由で利用を断られました。

    男性は後日、船会社に対し、乗船拒否を差別と認めることや沖縄県内での宿泊を余儀なくされたなどとして損害賠償を求めました。

    船会社は男性に対し、「十分な説明をしないまま不快な思いをさせたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪する一方、差別ではなく、損害賠償についても応じないと回答していました。

    こうした会社側の対応を受けて、男性は沖縄県の調整委員会に、差別と認めることや損害賠償を求める申請をし、委員会は先月「差別的だと疑われかねず、あらゆる方策を検討して乗船方法を考えるべきだった」として、船会社に対応の改善を求めました。

    一方、損害賠償については「司法的な判断が必要だ」として、審議しないと結論づけました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011151201000.html

    【電動車いすで船に乗ろうとしたら断られた 差別だ】の続きを読む

    1: 和三盆 ★ 2017/05/12(金) 21:35:35.55 ID:CAP_USER9
     バギーとベビーカーは違います--。障害や難病で首や腰が不安定な子供が乗る車椅子「バギー」は、ベビーカーと間違われやすい。電車やバスでたたむように言われ、困る保護者も多い。判別しやすくしようと、母親らが「バギーマーク」を手作りし、理解を求めている。【坂根真理】

     東京都北区の高橋育恵さんの長女、優里さん(11)は、1歳の時に麻疹・風疹の混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種を受けた後、体調が急変し、「ウイルス性の急性脳症」と診断された。手足が硬直し、目の焦点はぶれる。外出時には、ヘッドレストやベルトで姿勢を固定できるバギーが欠かせない。だが、電車に乗ると「ベビーカーはたたんで抱っこしなさい」と言われてしまう。人工呼吸器や医療機器を載せられるバギーは頑丈な作りで、折りたためない。

     「バギーという子供用車椅子があることを知ってもらいたい」。高橋さんは2015年に重度心身障害児親子の会「スマイリーサン」を結成し、バギーマークを製作した。バギーに乗った子のイラストと「私は障がいがあります 困ったときは手をかして下さい」の文字。600枚作製し、希望者に贈った。

     札幌市の宮本佳江さんの長女愛夕(みゆ)さん(8)と次女実来(みく)ちゃん(3)は、2人とも難病「Vici症候群」のため、胃に直接つないだチューブで栄養をとる。医療的ケアが必要な子供の預け先がなく孤立した時期もある宮本さんは、NPO法人「ソルウェイズ」を設立し、医療的ケア児と家族を支援する活動を展開する。母親の就労の場を作ろうと12年から製作しているバギーマークは、インターネット販売で月に100枚を売り上げることも。購入した母親から「初めて電車で手伝ってもらえた」と喜びの声が届いている。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    2017/5/12 16:21 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00e/040/273000c

    no title

    バギーマークをつけたバギー
    no title

    「スマイリーサン」が製作したバギーマーク・右が男の子用、左が女の子用=坂根真理撮影
    no title

    「ソルウェイズ」が製作するバギーマーク



    【【子供用車いす】「ベビーカーと間違えないで」バギー利用者の母親らがマークで周知】の続きを読む

    このページのトップヘ