野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    飛行機

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ] 2017/10/25(水) 12:59:11.88 

    このほど米連邦航空局(Federal Aviation Administration)は、国際線の預け入れ手荷物に、スマートフォンよりも大きなサイズの、リチウムイオンバッテリーを装備した電子機器を入れられないようにする提言を検討。 国際連合(United Nations)のInternational Civil Aviation Organizationで検討を進め、各国の賛同を得る方針が明示されています。
    https://www.gizmodo.jp/2017/10/faa-proposes-worldwide-laptop-ban.html
    a0001_001402

    【社畜に激震、飛行機へのノートパソコン全面禁止 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?)2017/08/03(木) 17:43:38.60 ID:0WQw3oCk0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
     ポルトガルの首都リスボン近郊にあるコスタ・ダ・カパリカ (Costa da Caparica)のビーチに2日、小型飛行機が緊急着陸。当局者によると、砂浜で日光浴をしていた8歳の女の子と56歳の男性が死亡した。

     当時、ビーチは大勢の人でにぎわっていたという。

    ビーチに小型機緊急着陸、日光浴中の少女と男性が死亡 リスボン近郊
    http://www.sankei.com/photo/story/news/170803/sty1708030010-n1.html
    no title

    【【ポルトガル】ビーチで日光浴中の8歳女児が飛行機に轢かれる (´Д⊂ヽ】の続きを読む

    1:  2017/04/10(月) 06:44:15.30 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174656&ph=1

    2017年4月7日、参考消息網は記事「中国企業が“下水油”由来の航空燃料を大量生産=料理のにおいはしません―香港メディア」を掲載した。

    香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは1日、中国石化鎮海煉化(鎮海煉化)に関する記事を掲載した。同社は“下水油”、すなわち廃棄された食用油から航空燃料を作り出す事業を推進している。現在計画中の工場が完成すれば、10万トンの“下水油”から3万トンの航空燃料を製造する能力を有するという。2017年の着工予定。

    すでに2015年3月に上海・北京便で試験飛行が行われたが、トラブルは起きていないという。同社広報担当は「絶対に安全だ」と強調。また食用油から精製されたとはいえ、「料理のにおいはしない」とのことだった。将来的には“下水油”燃料は国際便、とりわけ高額の炭素排出税が課される国に飛ぶ路線向けに販売される予定だ。

    【【大丈夫?】「下水油」を航空燃料として利用へ これで外食が安全に! 中国】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2017/04/16(日) 12:23:45.29 ID:CAP_USER9
    スロバキアのエアロモービル社が10年以上開発を続けて来た空飛ぶ自動車「エアロモービル」が、いよいよ市場デビューする。

    ■軽量ボディに収納式の翼

    今月20日からモナコで開催されるモーターショー「Top Marques Monaco」でエアロモービル社は、エアロモービルの最新モデルを発表する。 最新モデルは、法律規制を自動車としても航空機としてもクリアした仕様となっており、欧州ではすぐにでも実用可能だ。 鋼鉄製のフレームとカーボンファイバーから成る2人乗りのボディは、徹底的に軽量化されており、自動車として走行する時には翼は収納される。飛行機としての推進力は、尾部にある1つのプロペラだ。

    燃料は、一般のガソリンスタンドにある自動車用ガソリンを使用する。満タンの状態で飛行機としては430マイル(約690キロメートル)、自動車としては310マイル(約500キロメートル)走れる/飛べるとのこと。

    ■10年以上開発を続け

    「エアロモービルのコンセプトが生まれたのは1990年だった」と、同社の広報担当者は言う。「最初の試作機は奇妙な恰好でね、とても実際に使えるものじゃなかった」

    「そこから改良を重ね、やっと実用的なものになったよ」

    最新モデルがどのようなスタイルになっているかは、20日の発表までわからない。(写真は過去に発表されたバージョン3.0) 同社のCEO・Juraj Vaculik氏は「2017年中には販売を開始する」と言っており、今年末には予約受付を開始する予定。

    空飛ぶ自動車がいつか現実になるとは思っていたが、その日がこんなに早く来るとは驚いた。

    2017年4月15日 11時0分 IRORIO
    http://news.livedoor.com/article/detail/12941164/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    画像
    https://youtu.be/kzYb68qXpD0


    【【ついに来た】空飛ぶ自動車が本格デビュー!今年中には予約販売開始】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/04/11(火) 20:23:56.48 ID:CAP_USER
    ホンダの米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長は11日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の1~3月の出荷数が15機に上ったと明らかにした。

    この分野で米セスナ・エアクラフト社やブラジルのエンブラエル社を抑え、世界でトップだという。中国上海で共同通信のインタビューに答えた。

    藤野氏は「生産・出荷体制が軌道に乗り始めている。近く月産5台体制にする」と強調。定員5~7人程度の小型ビジネスジェット機の分野で「(出荷数が)かなりの確率で今年通年でもトップになるのではないか」と話した。

    https://this.kiji.is/224485451372643830?c=39546741839462401

    【【HONDA】ホンダジェット出荷「世界首位」】の続きを読む

    1: おさむらい ★ 2017/03/15(水) 19:46:20.82 ID:CAP_USER9
     【ジャカルタ=池田慶太】
     北京からオーストラリア・メルボルンに向かっていた旅客機で乗客女性のヘッドホンから出火する事故があり豪州運輸当局は15日、内蔵のリチウムイオン電池が出火原因とみられるとして注意を呼びかけた。

     運輸当局はヘッドホンのメーカー名は公表していない。

     発表によると、女性がヘッドホンで音楽を聴きながら睡眠中、大きな爆発音が起き、ヘッドホンから火花と炎が上がった。客室乗務員がバケツの水で消し止めたが、女性は顔などにやけどを負った。豪ABC放送によると事故は2月19日に発生した。

     読売新聞
     http://www.yomiuri.co.jp/world/20170315-OYT1T50116.html

    【【豪州】旅客機内で睡眠中、ヘッドホン出火…女性やけど】の続きを読む

    このページのトップヘ