野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    食中毒

    1: 水星虫 ★ 2019/09/05(木) 10:11:30.36 ID:rbUY+vh79
    「スギヒラタケ」は食べないで
    (にいがた県)
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20190905/1030009312.html

    sugihira_take-1

    秋のキノコのシーズンを控え、かつてはよく食べられていた「スギヒラタケ」について、食べた人の中でけいれんや意識障害の症状を訴えて、その後、死亡した人もいることから、県は食べないよう注意を呼びかけています。

    「スギヒラタケ」は、傘の大きさが2センチから6センチ程度の白いキノコで、スギやマツの木の幹などにいくつも重なり合って生えているのが特徴です。かつては家庭でよく食べられていましたが、平成15年度以降、新潟県をはじめ、秋田県や山形県など日本海側を中心に「スギヒラタケ」を食べた人の中からけいれんや意識障害の症状を訴え、その後、死亡した人も確認されました。

    県の調べで、県内で平成15年度から7年間で男女22人に症状が確認され、このうち6人が死亡したことがわかっています。原因は解明されておらず、食べれば必ず症状が出るわけではありませんが、国の研究では「スギヒラタケ」の成分が発症の原因となる可能性も報告されているということです。

    県では「スギヒラタケ」を食べないよう注意を呼びかけています。また、種類が分からないキノコについても食べないように、また人にあげたりしないように呼びかけています。

    (続きはソース元で)

    【【注意】平気な事も死ぬ事も スギヒラタケ食べないで! 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/08/30(金) 04:56:42.34 ID:1rdeFJs09
    https://news.livedoor.com/article/detail/17001710/

    「鶏肉を水で洗ってはいけない」と専門家が警告

    アメリカ農務省(USDA)とノースカロライナ州立大学の研究者は2019年8月20日付けで、食べ物の洗浄に関する調査報告を発表しました。その中で、実験から得られたデータを基に「生の鶏肉は調理する前に水で洗ってはいけない」と警鐘を鳴らしています。

    (PDFファイル)Food Safety Consumer Research Project:Meal Preparation Experiment Related to Poultry Washing

    Experts Are Warning People Not to Wash Their Chicken. Here's Why It's So Dangerous

    https://www.sciencealert.com/here-s-why-washing-raw-chicken-is-dangerous

    生の鶏肉はカンピロバクター・サルモネラ・ウェルシュ菌といった、食中毒を引き起こす細菌に汚染されている危険があります。厚生労働省の「(PDFファイル)平成30年食中毒発生状況(概要版)及び主な食中毒事案」によると、2018年に発生した食中毒事件1330件のうち、カンピロバクターによる食中毒は全体の24.0%、ウェルシュ菌によるものが2.4%、サルモネラによるものは1.4%だとのこと。特にカンピロバクターの事件発生件数は、アニサキス、ノロウイルスに続いて第3位となっています。
    (リンク先に続きあり)

    niku_tori

    【【食中毒】「鶏肉を水で洗ってはいけない」と専門家が警告 危険な細菌がシンクに大量付着 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2019/04/22(月) 20:09:52.83 ID:CAP_USER
    磯からの大物釣りが趣味の福井県に住む渡邉邦鋭(わたなべくにえい)さん(56)は、仲間が釣ったイシガキダイを刺し身や鍋にして食べました。楽しい宴が一転、冷たい物に触れると顔や指先がビリビリと痛む温度感覚の異常に、約1年間も苦しみました。原因は「シガテラ」という食中毒でした。

    ■釣果を堪能、直後に吐き気

    福井県坂井市の渡邉邦鋭(わたなべくにえい)さん(56)の趣味は磯釣りだ。狙いは「底物」と呼ばれ、強烈な引きが魅力のイシダイやイシガキダイ。イセエビやサザエ、ウニをエサに使う、釣り人あこがれの魚だ。

     特にイシガキダイは、成長すると口の周りが白くなり「クチジロ」とも呼ばれるが、なかなか釣れず、一般にも流通していない。

     この魚を、釣り仲間が2006年11月、東京・八丈島で釣り上げた。福井市内の居酒屋に持ち込み、釣り談議に花を咲かせることになった。

    11月7日、渡邉さんや友人の木林博之(きばやしひろゆき)さん(60)らが集った。「頭がおいしいんだ」。釣った人に勧められ、渡邉さんたちはイシガキダイの鍋料理や刺し身に舌鼓を打った。楽しい会だった。

     ところが翌8日未明、自宅で寝ていた渡邉さんは、激しい吐き気と腹痛に襲われて目覚めた。尋常でない様子を心配した妻ゆかりさん(55)の運転する車で、永平寺町の福井大学病院に向かった。

     「食中毒でしょう」と医師に言われ、嘔吐(おうと)や下痢による脱水を防ぐため点滴を受けた。後でわかったが、渡邉さんや木林さんら、前夜に一緒に食べた7人中5人が同様の症状に苦しんでいた。

     居酒屋の食事を疑い、病院で便の検査や血液検査も受けたが、原因はわからなかった。

     数日後、奇妙な痛みを感じるようになった。水や床に触れたり、外で風に吹かれたりすると、手足や顔の表面がビリビリ痛むのだ。

     「何か変だ」。渡邉さんはパソコンに「痛い」「魚」「食中毒」などと入力し、インターネットで検索を繰り返した。

    (以下ソース元で)

    シガテラ(Wikipedia)
    http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=366092

    シガテラを引き起こす毒素はシガテラ毒と呼ばれ、シガトキシン、スカリトキシン、マイトトキシン、シガテリンなどが知られ、類縁体を含め 20種以上が確認されている。ナトリウムチャンネルに特異的に作用し、神経伝達に異常をきたす。
    シガトキシンは熱に対して安定であるため、一般的な調理では毒素を熱分解できず、従ってシガテラ中毒を防ぐことはできない。またこれらの毒素は魚の味に影響を与えず[3]煮汁にも溶け出す。毒素は母乳経由で、乳幼児に移行する可能性があることが報告されている[4]。
    シガトキシンのヒトに対する発症量は経口摂取で70 ng程度。

    no title

    no title


    https://www.asahi.com/articles/ASM4L5RNVM4LUBQU007.html

    【【シガテラ毒】釣ったイシガキダイで食中毒、長引く手足ピリピリ 原因は特殊なプランクトン由来の毒? 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/05/25(土) 17:54:24.95 ID:CPRnEAiI9
    山形県で今月20日、80代の男性が釣った魚を妻とふたりで食べた後から、口のしびれや歩行困難などを訴えて救急搬送されていたことが明らかになった。保健所の調べで、フグによる食中毒だと判明した。

    県の食品安全衛生課によると、今月20日、鶴岡市に住む80代の男性が釣った魚をその日の昼食用に70代の妻と一緒に味噌汁にして食べたあと、1時間半ほどして口のしびれやめまい、言語障害、歩行困難などの症状が起こり、救急車で医療機関に搬送された。

    医療機関から通報を受けた庄内保健所が患者2人から聞き取り調査を行った結果、フグを食べたことによる食中毒だとわかった。

    フグには、青酸カリの1000倍以上と言われる猛毒のテトロドトキシンがあり、加熱や水で洗ったくらいでは予防できない。毒の強さはフグの種類や部位によって異なり、一般に肝臓や卵巣、皮が強い。日本の沿岸ではトラフグをはじめ、クサフグなど20種類近くフグ科の魚がいる。

    厚生労働省によると、毎年20?30件程度の中毒事件が報告されており、そのうち大半がフグ処理資格をもたない素人が家庭で調理するのが原因で、例年1?3人の死亡が報告されている。

    (以下ソース元で)

    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/9/29391.html
    no title

    【【猛毒】釣ったフグを味噌汁に…山形県の老人夫婦が食中毒「口がしびれ、めまい、言語障害、歩行困難」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/06/23(土) 19:00:07.39 ID:GPDiK/0F0 BE:329591784-PLT(12100)
    梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を
    作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062300353&g=soc
    a0002_012131

    【【消費者庁】カレーの作り置き注意=菌増殖、食中毒の恐れ】の続きを読む

    1: あられお菓子 ★ 2018/04/05(木) 06:39:22.74 ID:CAP_USER9
    産経ニュース 2018.4.4 21:23
    https://www.sankei.com/life/news/180404/lif1804040030-n1.html


     山梨県内で家庭菜園などで育てたニラと間違え、一緒に栽培していたスイセンを誤食し、食中毒の症状を訴える患者が相次いだ。

     山梨県によると、4日までに、山梨市と甲府市の病院から管轄の保健所に「スイセンが混入した料理を食べた人が食中毒を起こした」との連絡を受けた。

     患者は山梨市1人、甲府市4人で、嘔(おう)吐(と)を訴えたが、全員快方に向かっているという。

     県衛生薬務課によると、山梨市の50代の女性が2日昼、知人にもらったニラで調理した「ニラ玉」を食べたが、ニラにスイセンが混ざっていた。

     甲府市では、30代の父親と10歳未満の男児3人が2日夕、家庭菜園のニラを具に入れたみそ汁を
    調理して食べたが、ニラの近くで栽培していたスイセンが混入した。

     保健所の調べで、いずれも病因物質はスイセンによる植物性自然毒と判明した。

     同課によると、スイセンは摂取すると嘔吐する有毒植物。県内では昨年も5人がニラと間違えて食べて食中毒の症状を訴えた。

     同課は調理前の材料の再確認などを呼びかけている。 

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    a0002_000113

    【【山梨県】「ニラと間違えた」スイセンで食中毒相次ぐ 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2017/12/04(月) 21:24:57.23 ID:CAP_USER9
     名古屋市は4日、市内の60代の男性が自分で釣ったハコフグを食べ、全身の筋肉が激しく痛む食中毒になったと発表した。男性は命に別条はないが、現在も入院中という。

     市によると、男性は11月29日午前5時ごろ、自分で釣ったハコフグを自宅で焼いて食べたところ、同日午後4時ごろに全身が痛み始め、入院した。ハコフグと知りながら食べたが、毒に関する知識は「あまりない」と話しているという。

     ハコフグに含まれるパリトキシン様毒による食中毒は、食べてからおおむね12~24時間で発症。主な症状は激しい筋肉痛で、呼吸困難やけいれんが出ることもある。場合によっては死に至る恐れがあり、回復には数日から数週間かかる。市は「フグの素人調理は絶対にやめて」と呼びかけている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000062-asahi-soci
    画像
    ハコフグ=厚生労働省のホームページから
    no title

    【【チャレンジャー】自分で釣ったフグを焼いて食べたら食中毒に…60代男性が入院 】の続きを読む

    1:  2017/08/14(月) 22:19:15.89 
    2017年8月10日、韓国経済新聞によると、韓国で展開するファストフードチェーン「マクドナルド」のハンバーガーから基準値の3倍を超える食中毒菌が検出された。

    http://www.recordchina.co.jp/b187448-s0-c30.html
    and_151775

    【【韓国】マクドナルドのハンバーガーから基準値の3倍以上の食中毒菌が発見される】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/07/09(日) 16:38:22.58 ID:CAP_USER9
    大阪府東大阪市は9日、同市西鴻池町の居酒屋「一石二鳥」で食事をした20~45歳の男女7人が下痢や腹痛などの症状を訴え、うち5人の便から食中毒菌のカンピロバクターを検出したと発表した。
    市は同店を原因とする食中毒と断定し、同日から2日間の営業停止を命じた。

    同市によると、6月28日に「鶏のたたき」などを食べた11人のうち7人が下痢や腹痛の症状を訴えた。4人が病院で受診したがいずれも入院しておらず、快方に向かっているという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170709/wst1707090036-n1.html

    【【注意】「鶏のたたき」食べた7人食中毒 カンピロバクター検出 東大阪の居酒屋、営業停止処分】の続きを読む

    1: 2017/06/12(月) 20:29:25.43 ID:CAP_USER9
     生の魚介類に付着する寄生虫「アニサキス」による食中毒の被害報告が急増している。
    魚を生で食べる習慣のある日本で多く、厚生労働省の統計では、ノロウイルス、
    カンピロバクターに次ぐ食中毒原因物質の第3位に。加熱するか、マイナス20度以下で
    24時間冷凍すれば問題はないが、冷蔵技術の進歩で鮮度のよい生食用の流通量が増えたことが、
    逆に被害増大につながっているようだ。激しい腹痛を起こすアニサキス。食中毒急増の背景を探った。

    (中略)

     同市保健所は「冷凍物を使わず、鮮度にこだわる飲食店の方が被害が出やすい」として、
    今月始まった食中毒予防特別期間に合わせ、消費者や事業者に注意を呼び掛けていく。

    (全文はソース元でご覧ください)

    神戸新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000010-kobenext-hlth
    画像 スケトウダラから取り出したアニサキスの幼虫(国立感染症研究所提供)
    no title

    【【注意】寄生虫「アニサキス」の食中毒急増 その背景は】の続きを読む

    このページのトップヘ