野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    高齢者

    1: ばーど ★ 2017/05/02(火) 15:26:40.20 ID:CAP_USER9
    2日午前10時43分ごろ、大分市大手町の大分中村病院に軽乗用車が玄関から突っ込んだ。玄関のガラス扉を突き破り、そのままロビー内を約20メートル走って、受付前付近で停止した。

    大分県警大分中央署によると、運転手を含む13人が軽傷を負った。うち2人が念のために入院する見込みという。

    同署によると、同病院から「車がロビーに突っ込んだ。けが人が多数いる」と110番があった。運転手は、県内の70代女性とみられる。この女性も軽傷を負っている。知人男性が同乗していたという。

    目撃した60歳の女性は「爆発音がしたかと思うと、すごいスピードで車が突っ込んで来た。受付前の3人掛けのソファをなぎ倒しながら走っていた」と証言した。車が突っ込んで来て、ロビーにいた多くの患者たちは次々と倒れこむ状況になり、倒れた人の中には、額から血を流している人もいたという。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    病院内に突っ込んだ軽乗用車
    no title


    配信 2017年5月2日 12時10分(最終更新 5月2日 14時12分)

    毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20170502/k00/00e/040/207000c



    【【大痛】病院ロビーを軽自動車暴走、20メートル走る 13人軽傷…70代女性が運転 大分県】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/17(月) 19:31:56.95 ID:CAP_USER9
    高齢者に多くの種類の薬が処方され、副作用で体調が悪化するケースが少なくないことから、厚生労働省は、薬の処方を適正化するためのガイドライン(指針)を策定する方針を固めた。

    医療ビッグデータを活用して全国規模で実態を分析し、副作用を招きやすい危ない薬の飲み合わせなどを調べる。17日夕、有識者検討会の初会合を開く。

    高齢者は薬を分解する機能が低下しており、副作用が出やすい。複数の持病を抱えることが多く、薬の種類が増えがちだ。高齢者が6種類以上の薬を併用すると、一層副作用が出やすくなり、転倒などを招く恐れが高まるというデータがある。

    医療機関からは副作用が原因で入院した高齢患者の報告が相次いでいるが、実態は明らかではない。

    配信 2017年04月17日 15時20分

    YOMIURI ONLINE 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50045.html?from=ycont_top_txt

    【【医療】高齢者「多過ぎる薬」で副作用…防止へのガイドライン策定】の続きを読む

    1:  2017/03/03(金) 12:47:50.92 ID:CAP_USER9
    青森県内で高齢者による万引が後を絶たない。

    2016年から過去5年間のデータを見ると、摘発人数は300人前後で大きな変化はないが、摘発者全体に占める高齢者の割合は年々増加。12年は約3割にとどまっていたが、16年は約5割に達するなど右肩上がりが続く。16年の全体の被害額も約800万円と決して少額ではなく、被害に遭った店側にとっては死活問題。

    高齢者が犯罪に手を染める背景には、〝社会との希薄さ〟が関係しているとの指摘もあり、行政や地域の連携した対応が求められる。

    no title


    以下ソース:デーリー東北 2017/03/03 10:50
    http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20170303/201703020P166567.html

    【【高齢化】後絶たない高齢者の万引 青森県内】の続きを読む

    1: 2017/01/04(水) 15:53:14.15 ID:CAP_USER9
    元日以降、東京都内で高齢者が餅をのどに詰まらせる事故が相次ぎ、21人が病院に運ばれ、うち2人が死亡しました。

    a0003_000956

    *+*+ TBS News i +*+*
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2952607.html 

    【【正月】高齢者が餅を詰まらせる事故が相次ぐ】の続きを読む

    1:  2016/12/09(金) 00:28:33.63 ID:CAP_USER9
    79歳の車 薬局に突っ込む

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3005088711.html?t=1481210386000

    8日昼すぎ、愛知県岡崎市の調剤薬局に、79歳の男性が運転する乗用車が突っ込み、中にいた男性2人が軽いけがをしました。男性は駐車場に車を止めようした際、アクセルを踏んだ状態で運転操作を誤ったということで、警察が詳しい状況を調べています。

    8日午後0時半ごろ、岡崎市高隆寺町の調剤薬局、わかば薬局岡崎店で、79歳の男性が運転する乗用車が急発進して、調剤薬局の壁や窓ガラスに突っ込みました。この事故で壁が大きく壊れ、窓ガラスが割れました。

    当時、中には6人の客がいて、このうち、68歳の男性と15歳の男子中学生がひじなどを打って軽いけがをしたということです。

    警察の調べによりますと、男性は薬局に行こうと、駐車場に車を止めようとした際、サイドブレーキをかけているのを忘れたまま、一度、車を前進させようとしてアクセルを踏み込んでいたということです。途中で、サイドブレーキに気づきましたが、アクセルを踏んだまま解除したため、車が前に急発進してしまい、9メートル先の薬局に突っ込んだということです。

    NHKの取材に対して男性は「しまったと思った瞬間にはぶつかっていた」と話していました。

    警察が事故の詳しい状況を調べています。

    12月08日 18時59分

    【【高齢者】アクセル踏み込む → おや、サイドブレーキを掛けたままじゃったわい → そのままブレーキ解除 → 9㍍先の薬局に突っ込み2人怪我】の続きを読む

    1: 2016/12/03(土) 13:02:39.53 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161203-00000014-ann-soci

    テレビ朝日系(ANN) 12/3(土) 11:55配信

     東京・渋谷区で、73歳の女性の運転する乗用車がごみ収集車と衝突し、近くの銀行に突っ込んで女性3人がけがをしました。

     警視庁によりますと、3日午前6時半ごろ、渋谷区幡ケ谷の交差点で、右折しようとした73歳の女性の運転する乗用車と直進してきたごみ収集車が衝突しました。その衝撃で2台は歩道に乗り上げ、乗用車は近くの銀行に突っ込みました。乗用車を運転していた73歳の女性と一緒に乗っていた20代と40代の女性がいずれも軽いけがをしました。ごみ収集車の運転手らにけがはありませんでした。事故当時は早朝で交通量は少なく、警視庁が事故の原因を調べています。現場は甲州街道で、首都高速道路の降り口が近くにあることなどから見通しはあまり良くないということです。

    【【東京・渋谷】73歳運転の車がゴミ収集車と衝突 銀行に突っ込む】の続きを読む

    1:  2016/11/25(金) 07:23:47.56 ID:CAP_USER9
    高額すぎると問題になっていた、がん治療薬のオプジーボの薬価が引き下げられることや、高齢者の医療費の自己負担を増やす方向で検討されていることなどが次々報じられている。
    (前略)
    高齢の病人にとって、精神の安定を得るべき「今までの日常(の続き)」は、自分の病気のことに他ならない。
    かつて私は、86歳の高齢でもなお化学療法に執着する肺癌患者Yさんのことを書いたことがある。
    副作用をみかねて、さすがにもうやめようと、私は彼を説得して治療を中止した
    その途端、副作用が抜けた分だけ身体は楽になったはずなのに、Yさんは腑抜けのようになってしまった。ご家族によると、「他にすることもないので、とにかく病気のことばかりをずっと考えている」
    ということで、私は頭を抱えてしまった。Yさんにとって、副作用や病状の変化(それは本人の自覚症状に出ない、血液検査の数値や画像での病巣サイズなどが主である)に一喜一憂することこそが「生き甲斐」であったのだ。

    *+*+ デイリー新潮 +*+*
    http://www.dailyshincho.jp/article/2016/11250635/?all=1 

    【【医療現場】“生き甲斐が病院通い”という皮肉…現役医師の問いかける根源的な問題】の続きを読む

    2: 名無しさん@1周年 2016/10/12(水) 14:27:47.40 ID:SMvK+ry80
    ◆老人を狙った高額商品や詐欺 

    ●投資信託などハイリスク金融商品 

    リスクをあまり説明せずにハイリスクな金融商品を売りつけ、元本割れなどのトラブルになるケースは後を絶たない。 
    最近では老人専門の営業マンを地方や郊外の支店に送り込み、ターゲットを老人に絞る信託銀行も…… 

    ●レンタルオーナー商法 

    特にここ数年は、太陽光パネルとパチスロのレンタルオーナー商法の被害が国民生活センターに寄せられている。 
    いずれも元本保証と高い利回りを謳い、最初の数か月のみレンタル料を支払い、その後、業者と音信不通になる 

    ●タブレット商法 

    家電の購入や携帯電話の機種変更時にタブレット端末を購入すれば、割り引くと言ってタブレット端末を契約させる。 
    中には購入と見せかけてレンタルのケースもあり、使用することもないタブレットが老人宅に溢れるケースも 

    ●ハイハイ商法 

    販売員が話術で場を盛り上げ、サクラが「ハイ、ハイ」と手を上げ購入する意思を見せると、盛り上がったほかの高齢者が釣られるように、 
    数万円から数十万円の高額な健康食品や健康器機などを購入してしまう一種の催眠商法 

    ●パチンコ打ち子詐欺 

    パチンコが趣味の老人に、パチンコで年金以外の収入を……と、言葉巧みに打ち子グループに誘い、 
    グループに参加するための保証金として数十万円を支払わせる手口が横行。中には数百万円つぎ込んだケースもある 

    ●リバースモーゲージ詐欺 

    持ち家を担保に、存命中は毎月定額が貰える「リバースモーゲージ」を装った詐欺。 
    存命中に無断で自宅を売却されたり、支払いを中断したりする事例が発生しており、注意喚起がなされている 

    ●詐欺メール 

    ひと頃の迷惑メールや、アダルトサイトのワンクリック詐欺とは比べものにならない“まともな文面”と、実在する運送会社にそっくりなメールアドレスが最近のトレンド。 
    クリックすれば、ウイルス感染やフィッシング詐欺の餌食に 


    【高齢者を騙す「高額商品&詐欺商法」 】の続きを読む

    1:  2016/09/25(日) 23:00:50.81 
    「ピカチュウ」おった! 高齢者もポケモンGO 連日ファンでにぎわう
    http://www.isenp.co.jp/news/20160925/news01.htm

     津市あのつ台の公園「中勢グリーンパーク」が、人気スマホゲーム「ポケモンGO」のファンで異様なにぎわいを見せている。ファンの間では人気キャラクター「ピカチュウ」が多発するスポットとして知られているからだ。県外から訪れるファンも多いほか、高齢者の姿も少なくない。市は園内に看板を立てるなどして「歩きスマホ」をしないよう呼び掛けている。

     中勢グリーンパークは工業団地「中勢北部サイエンスシティ」の敷地にあり、オープンから十五年がたつ。約十一ヘクタールの敷地に芝生が広がり、遊具もある。フリスビードッグの全国大会やサッカー教室などが開かれ、秋は幼稚園や小学校の遠足でにぎわう。

     実はこの公園、七月下旬に国内配信が始まった「ポケモンGO」のファンにとって注目の場所となっている。通常はほとんど出現しないピカチュウが、公園内に多く「生息」していることが理由。インターネット上では「ピカチュウの巣」と呼ばれている。

     

    【「ピカチュウ」おった! 高齢者もポケモンGO】の続きを読む

    1:  2016/08/31(水) 08:29:35.73 
    介護保険料の負担対象 厚労省 拡大を検討へ
    8月31日 5時05分

    急速な高齢化による介護費用の増加によって、この先、介護保険制度を維持するのが難しくなるとして、厚生労働省は、介護保険料を負担する対象を、
    現在の40歳以上から、収入のあるすべての人に拡大することについて、学識経験者などを交えて具体的に検討を進める方針を固めました。
    介護保険制度では、介護サービスの費用は、利用する際の自己負担を除いて、税金や保険料などで賄われます。
    保険料の負担対象は現在40歳以上で、ひと月の平均で64歳までが5352円、65歳以上は5514円となっています。
    しかし、急速な高齢化によって、団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年度には、介護費用が今のおよそ2倍の21兆円に上ると推計されています。
    このため厚生労働省は、介護保険制度を維持するのが難しくなるとして、保険料の負担対象を収入のあるすべての人に拡大することについて、学識経験者などを交えて具体的に検討を進める方針を固めました。
    介護サービスを利用できる年齢を現在の原則65歳以上から引き下げることや、所得の低い人の保険料を減額することなども併せて検討する方針です。
    一方、保険料の負担について、介護サービスを利用する機会が少ない若い世代などからは批判の声が上がることも予想されることから、厚生労働省は慎重に議論を進めることにしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160831/k10010661021000.html

    【介護保険料、全年齢から徴収を検討 厚労省】の続きを読む

    このページのトップヘ