野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    鳥インフルエンザ

    1:  2017/03/13(月) 06:14:53.75 ID:CAP_USER9
     中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして没収された鳥肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことが農林水産省動物検疫所などへの取材でわかった。
    人に感染する可能性は低いが、野鳥などを介してニワトリなどの家禽(かきん)に感染する恐れがある。検疫で没収される畜産物は全体の一部とみられ、専門家は対策強化の必要性を訴える。

     調査は世界的に鳥インフルの流行が近年続いていることから、動物検疫所と北海道大学が共同で初めて実施。2015年6月~今年2月に羽田空港など全国9カ所の空港や港で渡航者の荷物から没収されたニワトリやアヒルの肉や卵など228検体を調べた。
    その結果、中国の上海、アモイ、香港から成田、中部の各空港に持ち込まれたニワトリとアヒルの生肉3点から、高病原性鳥インフルエンザのH5N1亜型とH5N6亜型のウイルスが見つかった。
    両ウイルスは中国などで人への感染が確認され死者も出ているが、死んだニワトリなどに濃厚接触したことが原因とみられている。
    また、中国や台湾、ベトナムから成田、羽田、関西、中部の4空港に持ち込まれたニワトリやアヒルの生肉9点からも低病原性のウイルスが検出された。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000010-asahi-soci

    【【ウィルス】中国から持参の生肉、鳥インフル検出 検疫に限界】の続きを読む

    1:  2017/01/23(月) 10:57:05.81 ID:CAP_USER9
     現地メディアやニューヨーク市保健局によると、猫の鳥インフルエンザ感染が確認されたのは、動物管理センターで保護している猫386匹。

     昨年11月、マンハッタンの保護施設に収容されている2匹の猫が高熱を発し、鼻水、咳などの症状が現れて死亡。検査の結果、鳥インフルエンザH7N2ウイルスが検出されたことから、他の猫も調べたところ、この施設で保護中の45匹で陽性反応を確認。

     最新の調査では、マンハッタン支部を含むニューヨーク市全域で保護された386匹の猫がウイルスに感染していることが判明。さらに治療にあたっていた獣医師の一人からもウイルスの陽性反応があったという。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18769.html

    【【アメリカ】とうとう猫380匹が感染!鳥インフルH7N2ウイルス 獣医師も…】の続きを読む

    1: 2017/01/14(土) 14:40:17.84 ID:CAP_USER
    京畿道(キョンギド)安城(アンソン)のある農家から鳥インフルエンザ感染の疑いが申告される1週間前に食用の鶏10万匹が出荷されたことが確認された。

    京畿道鳥インフルエンザ災害安全対策本部によると、安城のある農家から9日、出荷のために検査中の鶏に感染が疑いがあるという申告があった。その後の精密検査の結果、11日に感染が確認された。この農場では25万羽の鶏が飼育されていた。

    問題はこの農場から申告があった1週間前の2、3日の2日間、10万羽の鶏が忠清北道鎮川(ジンチョン)の食肉処理場に出荷され、流通したということだ。農林畜産食品部の鳥インフルエンザ緊急行動指針は「鳥インフルエンザの疑いが申告されれば、7日以内に出荷された家禽類は全量回収して焼却しなければならない」としている。京畿道は出荷された鶏を全量回収する方針だ。

    対策本部は10万羽出荷前の昨年12月末に安城の農場で鳥インフルエンザ検査を実施したが、当時はウイルスが検出されなかったと説明した。農場主が故意に申告を遅らせたのではないという意味だ。また、人体感染事例がないため食べても問題にはならないと伝えた。全量回収は家禽類間の2次感染を防ぐためだと説明した。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000006-cnippou-kr
    中央日報日本語版 1/14(土) 13:03配信

    【鳥インフル感染農場10万羽分の鶏肉が出荷 韓国】の続きを読む

    1:  2017/01/03(火) 19:24:36.61 ID:CAP_USER
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170103003800882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

    【世宗、ソウル聯合ニュース】韓国政府は3日、高病原性鳥インフルエンザの感染が拡大し史上最悪の被害が出ていることを受け、卵の供給と価格を安定させるため、生卵と卵加工品の関税を0%に引き下げる関税割当を閣議決定した。これまで食用として大量に輸入したことがなかった生卵が緊急空輸される見通しとなった。

     関税割当とは、特定の品目の価格安定や国内製品の競争力維持などを目的に、一定の数量に限り低い関税を適用する制度。韓国では鳥インフルエンザの感染が確認された昨年11月16日に5678ウォン(約555円)だった卵1パック(30個)の小売価格が今年1月1日には8251ウォンと、45.3%上昇。対策を求める声が上がっていた。

     今回の措置により、税率が8~30%だった卵や卵液など8品目、9万8000トンを4日から無関税で輸入することができる。

     今回の関税割当措置は6月30日まで適用され、今後の市場の動きを見て延長するかどうか検討する方針だ。

     卵は賞味期限が短いため、送料が高い航空便で輸入されるが、政府は輸入した卵の価格が送料により高くなり、関税割当の効果がなくなることを防ぐため、航空運賃の補助制度を検討している。

     農林畜産食品部は業者が輸入卵を国産の卵よりも安い価格に設定できるよう、航空運賃を支援する制度を6日に確定・発表する計画だ。運賃の50%程度の補助を検討しているという。

     同部はまた、殺処分などで低下した卵の生産能力を補うため、採卵鶏に育つひよこの輸入を推進し、その際に発生する航空運賃を補助することも検討している。同部によると2014年に鳥インフルエンザの被害が拡大した際にも採卵鶏122万羽が輸入されたことはあるが、採卵鶏に育つひよこの輸入はこれまでほとんど例がないという。

     採卵鶏に育つひよこが輸入されれば、繁殖などの過程を経ることなく、鶏に育てば卵を生産することができるようになる。

     さらに来年3月まで繁殖用の鶏13万羽の輸入が推進される。繁殖用の鶏は自由貿易協定(FTA)により、無関税で年間50万~80万羽輸入されており、航空運賃の補助などを行う計画はないという。

    【【関税割当】鳥インフルで卵の価格が高騰 韓国政府が対応策を発表】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2016/12/29(木) 08:35:04.88 ID:CAP_USER
     韓国農林畜産食品部は28日、高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生した養鶏農家から半径3キロ以内で生産された卵の搬出禁止を、この日一日だけ限定的に解除した。同部は運搬車両が農家の出入りを通じてAIを伝播させないように今月21日から卵の外部搬出を禁じてきた。

     忠清南道天安市(チュンチョンナムド・チョナンシ)の臨時集荷場で関係者が近隣の養鶏農場で生産された卵を車両に移動させている。

    (画像:忠清南道天安市の臨時集荷場で、関係者が近隣の養鶏農場で生産された卵を車両に移動させている)
    no title


    中央日報/中央日報日本語版 2016年12月29日07時24分
    http://japanese.joins.com/article/068/224068.html

    【【いいの?】鳥インフル真っ只中も 卵の搬出、一日だけ許容=韓国忠清南道】の続きを読む

    1:  2016/12/24(土) 22:07:00.11 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/world/news/161224/wor1612240042-n1.html

    a1180_008992 韓国全土で高病原性鳥インフルエンザウイルスが拡大、鶏などの殺処分は2500万羽に達した。過去最悪の被害となり、卵価格の急騰で庶民の食卓を直撃している。韓国メディアは、同時期に鳥インフルが発生した日本の対応を「迅速だ」と称賛。朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑をめぐる混乱もあり、後手に回った韓国政府の対応を痛烈に批判している

     「日ごとに卵の値段が上がる。こんな経験は初めて。今後が心配です」。ソウル市内で製パン店を営む女性はこう顔を曇らせた。

     特に産卵鶏の被害が深刻で24日現在、約1700万羽が殺処分された。韓国の産卵鶏の4羽に1羽が消えたことになる。産卵鶏の親の種鶏に至っては4割以上が殺処分された。

     卵の小売価格は、先月に比べ約25%急騰。卵を多く使う製パン業界への影響が大きく、最大手パンチェーンが一部商品の生産中止を決めた。大手スーパーでも1人1パックに販売を制限し、それでも品切れになる店があるという。料理から卵を抜く飲食店も現れた。

     韓国各紙は「鶏卵大乱(ケランテラン)」との見出しで日々その深刻さを報道。韓国政府は、生卵の緊急空輸を決めるとともに、買い占めや売り惜しみがないかも調査する。

     このペースで感染が広がり続ければ、殺処分は5千万羽に上ると予測する専門家もいる。過去最悪だった2014年の殺処分約1400万羽をしのぐ被害をもたらしたのは初動対応の後れだ。黄教安(ファン・ギョアン)首相が政府の防疫対策室を訪れたのは11月25日。家禽の大量死が報告されてから約10日が過ぎていた。警戒レベルを最高に引き上げたのは約1カ月後だった。

     韓国メディアが注目するのは、日本政府との対応の差だ。青森、新潟両県で11月28日に感染が確認された約2時間後の深夜には、官邸に情報連絡室が設置され、安倍晋三首相が「防疫の徹底」を指示。翌未明までに殺処分に着手した。韓国紙は「電光石火のごとく動いた」と伝えた。日本では、農林水産省によると今月23日現在、殺処分は約97万羽にとどまっている。

     韓国では朴大統領をめぐる疑惑が拡大し、国政がまひしていた。鳥インフルへの対応の遅れについて、中央日報は「コントロールタワーが消えた現政権の問題点を見せる事例だ」と指摘。朝鮮日報は社説で「改めて『失敗した国』の姿を見た」と批判している。

    【【鳥インフルエンザ】 韓国で史上最悪被害「卵が消える!?」 朴槿恵政権混乱で対応に遅れ 安倍政権の「電光石火」対応を称賛】の続きを読む

    1: 2016/12/16(金) 12:55:09.93 
    韓国の鳥インフル、過去最悪に 感染拡大
    2016年12月16日 12時38分

     【ソウル共同】韓国で感染が拡大しているH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを巡り、金在水農林畜産食品相は16日、既に殺処分したか処分予定の鶏やアヒルが1600万羽に達して過去最悪の被害になったと明らかにし、対応レベルを最高の「深刻」に引き上げたと発表した。

     韓国では鳥インフルエンザウイルスへの感染で2014年に約1400万羽を処分する被害が起きたが、今回はそれを上回った。終息の気配はなく、さらに広がる懸念が出ている。
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016121601001287.html

    【【韓国】 鳥インフル過去最悪に 終息の気配なし】の続きを読む

    このページのトップヘ