野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    CPU

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/16(日) 23:05:27.15 ID:CAP_USER
    市場予測会社のTrendForceは、IntelのCPU出荷量が需要に対して十分ではなく、ノートPCにおけるCPU不足を引き起こしており、その結果、2018年のノートPCの出荷台数が前年比0.2%減のマイナス成長となるとの予測結果を発表した。

    Intelは、8月末に発表した第8世代CoreプロセッサのUシリーズ(開発コードネーム:Whiskey Lake)の量産出荷を、ノートPC市場が繁忙期を迎える2018年第3四半期に開始するとしていたが、PCメーカーの多くが、Whiskey Lakeの供給不足から、調達が難しくなっているほか、先行して供給がなされているCoffee Lake(開発コードネーム)も不足気味となっており、2018年下半期の出荷計画を見直す必要に迫られているという。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://news.mynavi.jp/article/20180914-693195/
    a0002_002880

    【【Intel】CPUの供給不足によりメモリ価格が下落する可能性が浮上 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [US] 2018/03/16(金) 11:53:30.37 ID:rsF4+Eoo0
    https://www.pcgamesn.com/amd-ryzen-2-2700x-2600x-benchmarks
    no title



    3DMark Fire Strike Ultra 1.1 Physisc Score
    Ryzen 7 2700X 20,909 新モデル
    Ryzen 7 1800X 19,051 前モデル
    Ryzen 7 1700X 17,825 前モデル

    【【CPU】Ryzen2のベンチマーク公表 第一世代より18%アップしかも値段は安くなる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2017/12/20(水) 12:42:25.80 ID:ddbIzkrr0 
    ツクモ12号店の取材中に見かけた懐かしいCPU。こちらはFC-PGA版Pentium III 866MHzの未開封品です。

     秋葉原で初めて販売が確認されたのは2000年5月頃で、当時の価格は8万円前後。
    ちなみにこの時期は、動作クロック1GHzを目指して、IntelとAMDが激しい争いを繰り広げていた頃。AMDのAthlon 1GHzは約20万円でした。

     今回のCPUは、同店スタッフが知人からもらったというもので、非売品。
    スタッフによると、「当時、AMDとIntelのCPUを購入した友人が、AMDのCPUでPCを組んで余らせたもの」だとか。
    どのCPUでPCを組んだのかはわかりませんが、たぶん、Athlonを選んだのではないかと……。

     今のところ、展示や販売の予定などは無いようですが、コレクターズアイテムとして欲しいという方は意外に多いのかもしれません。

    Pentium III 866MHzの未開封品、2017年の秋葉原店頭に現る
    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1097853.html
    no title

    no title

    【Pentium III 866MHz (`・ω・´)】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/12/03(日) 19:30:36.48 ID:sKyXVW+y0●
    ウィズテック、第8世代Core iシリーズ採用のラックマウントサーバー新発売
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171203/414773.html
    000

    【CPUのcore iシリーズってもう性能頭打ちなの? 】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/10/27(金) 19:54:23.26 ID:CAP_USER
    「Core i7-8700K」や「Core i3-8350K」などCoffee LakeことIntelのデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサの予価が判明
    http://www.gdm.or.jp/voices/2017/1026/240681/
    2017.10.26 更新

    Coffee LakeことIntelのデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ。既報の通り、販売解禁日は当初予定の11月23日(木・祝)11時から、11月2日(木)の11時に変更された。その理由は「在庫確保にある程度目処が立ったため」(関係者談)だという。また初回に販売されるモデルのラインナップと予価も明らかになった。

    Core i7-8700K
    (6コア/12スレッド/定格3.70GHz/TC時4.70GHz/キャッシュ12MB/TDP95W)約49,000円前後
    Core i7-8700
    (6コア/12スレッド/定格3.20GHz/TC時4.60GHz/キャッシュ12MB/TDP65W)約41,000円前後
    Core i5-8600K
    (6コア/6スレッド/定格3.60GHz/TC時4.30GHz/キャッシュ9MB/TDP95W)約34,000円前後
    Core i5-8400
    (6コア/6スレッド/定格2.80GHz/TC時4.0GHz/キャッシュ9MB/TDP65W)約23,000円前後
    Core i3-8350K
    (4コア/4スレッド/定格4.00GHz/キャッシュ8MB/TDP91W)約23,000円前後
    Core i3-8100
    (4コア/4スレッド/定格3.60GHz/キャッシュ6MB/TDP65W)約15,000円前後
    このうち、比較的入荷数が多いとされているのが「Core i7-8700K」と、人気が予想される「Core i3-8350K」。そのほかのモデルについては「非常に入荷数が少ない」(複数ショップ)状況で、価格と性能のバランスが良いとされる「Core i5-8400」の入荷数は極少量だという。

    なお、続々と発表されているIntel Z370マザーボードの販売も11月2日(木)の11時よりスタート。主要メーカーより約20モデルが登場する予定だ。

    【【Intel】Coffee Lake、11月2日に発売前倒し…6コアCore i5-8400は約23,000円 】の続きを読む

    1:  2017/05/31(水) 13:53:58.68 
    no title


    Intelは、現地時間5月30日、第8世代プロセッサ「Coffee Lake」を発表しました。
    現行の第7世代「Kaby Lake」よりもパフォーマンスが30%改善し、省電力性能が進化しています。

    同時に、デスクトップ向けハイエンドプロセッサも発表されており、今年後半の発売が見込まれる
    次世代iMacへの採用の可能性もあります。

    http://iphone-mania.jp/news-169493/

    【【第8世代】Intel、Core iシリーズ「Coffee Lake」発表!性能30%向上!】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/05/30(火) 19:00:01.75 ID:CAP_USER9
     Intelは30日(台湾時間)、開発コードネーム“Basin Fall”(ベイスンフォール)の開発コードネームで知られてきた「Core Xシリーズ・プロセッサ」、「Intel X299 チップセット」を発表した。
     Skylake-X(スカイレイク・エックス)、Kaby Lake-X(ケイビーレイク・エックス)という2つのプロセッサから構成されるCore Xシリーズ・プロセッサは、最上位SKUのCore i9-7980XEで18コア/36スレッドというデータセンター向け製品も顔負けの仕様になっており、従来3/5/7の3つだったCoreプロセッサに、新しく9というセグメントが加わっていることも特徴と言える。
     Intelはこの新しいCore Xシリーズ・プロセッサをハイエンドPC向けと位置づけており、ゲーミングPCやプロフェッショナル用デスクトップPC向けとして販売していく方針だ。

    (詳しくはソース元でご覧ください)
    no title


    【イベントレポート】Intel、18コア/36スレッドに達した「Core i9-7980XE」を発表。新ソケットLGA2066導入 ~X299チップセットやオーバークロック向け保証も - PC Watch
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1062299.html
    no title



    【【IT】Intel、18コア/36スレッドのCPU「Core i9-7980XE」を発表 1,999ドル コンシューマー向けとしては初の18コア】の続きを読む

    1: 2017/02/26(日) 07:10:18.88 
    Intel Core i7-6950X ($1599 US) – $300 Price Cut
    Intel Core i7-6900K ($999 US) – $200 Price Cut
    Intel Core i7-6850K ($549 US) – $150 Price Cut
    Intel Core i7-6800K ($359 US) – $140 Price Cut
    Intel Core i7-5820K ($319 US) – $100 Price Cut
    Intel Core i7-7700K ($299 US) – $80 Price Cut
    Intel Core i7-6700K ($259 US) – $140 Price Cut
    Intel Core i7-4790K ($279 US) – $90 Price Cut
    Intel Core i7-7700 ($289 US) – $50 Price Cut
    Intel Core i7-6700 (259 US) – $90 Price Cut
    Intel Core i5-7600K ($199 US) – $70 Price Cut
    Intel Core i5-6600K ($179 US) – $$90 Price Cut
    Intel Core i5-4690K ($189 US) – $70 Price Cut
    Intel Core i5-7500 ($189 US) – $30 Price Cut
    Intel Core i5-6500 ($179 US) – $50 Price Cut
    Intel Core i5-4590 ($159 US) – $60 Price Cut
    Intel Core i3-7350K ($159 US) – $20 Price Cut
    Intel Core i3-7100 ($114 US) – $15 Price Cut
    Intel Core i3-6100 ($109 US) – $20 Price Cut
    Intel G4400 ($49.99 US) – $20 Price Cut
    Intel G3258 ($49.99 US) – $27 Price Cut

    Intel Kaby Lake and Skylake Processors Get Massive Price Cuts By Retailers Prior To AMD Ryzen Launch – Core i7 7700K Up For $299, Core i5 7600K For $199, Core i5 6600K For $179
    http://wccftech.com/intel-amd-price-war-ryzen-processors/

    【【IT】インテルCPU、AMD Ryzenに対抗して怒濤の大幅値下げ!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/21(金) 13:46:14.85 ID:CAP_USER
    http://ascii.jp/elem/000/001/248/1248148/



     no titleどもどもジサトライッペイです。今年8月末に発表されたインテルの最新CPU、第7世代Core(開発コードネーム:Kaby Lake)ですが、
    9月の家電ショー「IFA」が過ぎ、年末商戦に向けて各社がどんどんと搭載PCを市場に投入しています。
    UltrabookでモバイルノートPC人気に火をつけた、第2世代Core(開発コードネーム:Sandy Bridge)から早5年。
    そろそろPCを買い替えようと思ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか? そこで今回は発売したばかり
    の第7世代Core搭載PCと昔のPCの性能を比べてみましたので、買い替え時の参考になれば幸いです。

     今回用意した第7世代Core搭載PCは、NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Note Standard NS550/FA」。
    Core i5-7200U(2コア/4スレッド)、メモリー4GB、1TB HDDを備える15.6インチフルHD液晶のA4ノートPCです。
    BDドライブを備える、いまどきのスタンダードなラインですね。

     比較PCとして用意したのは、第2世代CoreにあたるCore i5-2467M(2コア/4スレッド)、メモリー4GB、
    128GB SSD、13.3インチ液晶(1366×768ドット)を搭載する5年前のUltrabook。そして、第6世代Core(開発コードネーム:Skylake)にあたるCore i5-6200U
    メモリー4GB、128GB SSD、13.3インチ液晶(2560×1440ドット)を備えるモバイルノートPCの2機種です。
    本当は第7世代Core搭載PCもモバイルタイプで用意したかったんですが、検証期間に間に合わず……でした。なので、
    今回はバッテリー駆動時間のもちなどそのへんは抜きにして、純粋なパワー勝負をご覧いただこうと思っております。


    (続きはサイトで)

    【【CPU】そろそろヤバイ5年前のPC、最新の第7世代Core搭載PCとの埋められない差】の続きを読む

    このページのトップヘ