野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    android

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/02/13(火) 15:43:41.96 ID:jeTPuUD80 
    Googleが提供する「Android」の次期バージョンは、「Pixel 2 XL」よりも「iPhone X」に似たスマートフォン向けに設計されるかもしれない。

    Googleが「Android 8.0 Oreo」に続いてリリースするOSバージョンとうわさされる「Android P」は、新しいデザインのスマートフォン向けに最適化されるらしいと、Bloombergが米国時間2月12日に報じた。これには、iPhone Xのようにノッチ(切り欠き)があるスマートフォンや、「ZTE Axon M」のような2画面ディスプレイ、うわさされているサムスンの折りたたみ可能な「Galaxy」スマートフォンのような折りたたみ式ディスプレイが含まれる。

    Android Pについてはそのほかに、バッテリ持続時間の延長や、人工知能(AI)アシスタントである「Googleアシスタント」のさらなる統合が報じられている。

    (詳しくはソース元でご確認ください) 
    http://japan.cnet.com/article/35114591/
    f019d975493dc0d339073cb0c11da924

    【Android 9.0 コードネーム「ポリンキー」⁉  】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/11/26(日) 09:19:35.77 ID:+6NnnAwo0 
    米グーグルがスマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を開発し、通信機器をつくる企業に無料で提供する計画を発表して10年を迎えた。

     アンドロイドは世界のスマートフォン市場で8割強のシェアをおさえた。この結果、スマートフォンを通じたグーグルの検索サービスの利用が伸び、売上高は10年間で6倍以上に増えている。こうしたアンドロイドの成功には、多くの企業が学ぶべき点がある。

    (詳しくはソース元でご確認ください

    「アンドロイド」の成功に学ぶ
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2391094025112017EA1000/
    20151209100945

    【Androidがなぜ成功したのか。Android誕生10周年を迎える 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [JP] 2017/10/30(月) 12:42:37.28
    no title


    Qualcomm’s next flagship chip is set to be announced sometime in December.
    Thanks to a leaked invite, the rumoured Snapdragon 845 SoC may be announced at an event called the Snapdragon Technology Summit in Hawaii.

    https://www.lowyat.net/2017/146417/qualcomm-announcing-snapdragon-845-december/

    【【来るぞ】Androidスマホを買うのは1ヶ月待て Snapdragon845 まもなく発表 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/11(月) 13:20:07.66 
    a0002_004900

    【なぜ8コアのAndroidは2コアのiPhoneに勝てないのか? (´・ω・`)】の続きを読む

    1: サーバル ★ 2017/08/15(火) 07:21:48.37 ID:CAP_USER9
    Androidのウイルス対策アプリ、マルウェアを「ほとんど検知できない」ことが判明:米調査結果

    Android用のウイルス対策アプリを58種類テストしたところ、一度もセキュリティを破られなかったアプリは2種類だけだった、という研究結果が発表された。その理由について研究者らが解説する。

    TEXT BY LILY HAY NEWMAN
    TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

    WIRED(US)

    パソコンのウイルス対策は、効果が上がることもあれば、そうでないこともある。全体としては役立ってはいるが、進化する脅威に追いつくための努力を絶えず求められているのだ。また、システムの“深い”ところまでアクセスするため、さらに悪質な攻撃を可能にしてしまうこともある。

    そしていま、脅威の高まりによってAndroid向けのウイルス対策アプリの人気が高まっている。だが、ここでも「昔と同じ過ち」が繰り返されているようなのだ。

    現在の多くの問題は、Android向けウイルス対策アプリパソコン用と比べて未熟であることに起因している。ジョージア工科大学の研究チームが58種類の主なアプリを分析したところ、その多くが簡単にセキュリティを破られてしまった。マルウェアを検出する方法に多様性がなく、細かい調整ができないからだ。

    「攻撃者の視点」から対策アプリをテスト

    研究チームは攻撃者の観点に立って分析を行うために、「AVPass」と呼ばれるツールを開発した。ウイルス対策ソフトウェアによる検出を回避しながら、マルウェアをシステムに侵入させられるようにするものだ。このAVPassを使ったテストで攻撃を常に阻止できたのは、韓国のアンラボ(AhnLab)と、ホワイトアーマー(WhiteArmor)の2社のツールだけだった。つまり58分の2、比率にして約3.5パーセントにすぎなかったのである。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://wired.jp/2017/08/09/android-antivirus-malware/

    【【知ってた】Androidのウイルス対策アプリ、マルウェアを「ほとんど検知できない」ことが判明】の続きを読む

    1:  2017/05/29(月) 15:18:20.96 ID:CAP_USER9
    Google日本法人は5月29日、音声アシスタント機能「Google アシスタント」の日本語版の提供を始めた。Google Playアプリを搭載しているAndroid 6.0以降のスマートフォンが対象で、同日から数週間かけて順次提供する。

    【画像】「Google アシスタント」でできること
    l_ky_googleassistan-03


     人工知能(AI)アシスタントとの音声対話で知りたいことを調べたり、ユーザー情報に基づくサポートを受けたりできるパーソナルアシスタント機能。「今日の予定は?」「東京タワーまで電車でどれくらいかかる?」「じゃあ車では?」など、知りたいことや目的地などを話し言葉で検索できる。

     他にも「北海道で撮った夕日の写真を見せて」と聞くだけでGoogleフォトにアップロードされている写真を検索したり、「(名前)に○○とメールして」と言うだけでメールを送信したりすることが可能だ。

     同機能は、Google検索アプリの新機能として提供。Android端末のホームボタンを長押しするか、「オーケー、グーグル」と声をかければ起動できる。音声入力のほか、キーボードでの文字入力でも利用可能だ。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000044-zdn_n-sci

    【【android6.0】「Google アシスタント日本語版」提供…「(名前)に○○とメールして」というだけでメール送信が可能に】の続きを読む

    1:  2017/05/09(火) 01:40:40.17 ID:NSKlxZCd0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    no title

    no title

    no title


    1.1GHz x 4コア
    メモリ 2GB
    eMMC 16GB
    SD 256GB

    センサー
    加速度センサ、電子コンパス、ジャイロスコープ

    バンド
    WCDMA:850(Band5)/900(Band8)/1900(Band2)/2100(Band1)MHz
    FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

    95ドル

    https://japan.cnet.com/article/35100793/

    【【これは欲しい!!】Android最強端末が登場】の続きを読む

    1: 2017/03/14(火) 15:23:15.35 ID:OSzFNDUL0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    インターネットに接続して利用されている全世界の機器のうち、米グーグルのOS「Android」を搭載する機器の数が増え続けており、まもなくWindows搭載機器の数を追い抜く見通しとなっている。

    こうした調査結果を、ウェブのデータ通信解析を行っているアイルランドのスタットカウンター(StatCounter)が公表した。

    Windowsを上回るのは時間の問題
    世界でインターネットにアクセスしている機器の中で、OSにAndroidを搭載する機器が占める比率は、今年2月時点で37.4%となり、
    Windowsの比率である38.6%に僅差にまで迫ったという。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20170313-00068639/

    【(´・ω・)PCの終焉寂しい Androidの利用台数がWindowsを抜く】の続きを読む

    1: 2016/11/30(水) 11:45:16.66 ID:CAP_USER9
    ◆スマホが寒さに弱いってホントですか? - いまさら聞けないAndroidのなぜ

    今回は、『スマホが寒さに弱いってホントですか?』という質問に答えます。
    これは、ある意味、本当です

    スマートフォンに限らず、リチウムイオンバッテリーで動作する精密機器は周囲の温度に多少の影響を受けます。低温下での利用に関していえば、一般的な最適温度とされる20~30℃を下回る頃から駆動時間が短くなりはじめ、場合によっては電源がオフになることもあります。

    その原因は、バッテリー内部における化学反応(酸化還元反応)のペースが変化することにあります。電子機器は動作に一定以上の電圧(カットオフ電圧)が必要ですが、低温下では化学反応のペースが低下して電圧降下が速まり、常温下に比べ短い時間でカットオフ電圧に達してしまいます。これが、寒い場所でバッテリーのもちが短くなる原因です。

    温度低下によるバッテリーの化学反応ペース低下が原因ですから、温度が上昇すればバッテリー残量は元の水準に戻ります。実際にエネルギーを消費したのではなく、化学反応のペース低下によりバッテリーが減ったように見えるだけのことですから、常温に近づくにつれバッテリー残量は回復します

    ただし、急激な気温の変化には用心しましょう。急激な気温の変化は、スマートフォン内部の空気に含まれるわずかな水分による結露を招きかねません。冷えた体ともども温めようとスマートフォンをストーブの近くに置く、といった行為は避けましょう。

    予防策ですが、温度変化が少ない部分にスマートフォンを入れておくことが上策です。体に近い内ポケットに入れて持ち運ぶ、就寝時は窓際など温度変化の激しい場所に置かない、といった、わずかな心がけで冬は乗り切れるはずです。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    マイナビニュース 2016年11月29日 18時28分
    http://news.livedoor.com/article/detail/12348649/

    【スマホが寒さに弱いってホントですか? - いまさら聞けないAndroidのなぜ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/04(金) 18:34:00.33 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/04/news080.html

     米調査会社Strategy Analyticsが11月3日(現地時間)に発表した第3四半期(7~9月)の世界における
    スマートフォン出荷調査によると、OS別でAndroidのシェアが過去最高の88%になった。

     総出荷台数は6%増の3億7540万台。インドや南アフリカなどの新興国市場での需要が成長を支えたという。

     Androidのシェア増には、米AppleのiPhoneの、中国およびアフリカでの販売減速が貢献したと
    Strategy Analyticsは分析する。BlackBerryとMicrosoftのWindows Phoneは戦略変更でほぼ消えてしまい、
    一方、Tizenなどの新興OSは搭載端末が増えず、伸びていない。

    ただ、Android端末は飽和状態で収益を上げられているメーカーは少なく、
    また、米Googleがオリジナル端末「Pixel」および「Pixel XL」を発売したことは、これまで協力してきたパートナーメーカーに対する攻撃になっており、
    これらはAndroidにとっての課題となっていると、Strategy Analyticsは指摘する。

    【【スマホ】Android、OS別世界スマートフォン出荷シェアで過去最高の88%に】の続きを読む

    このページのトップヘ