野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    apple

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/01/04(木) 20:26:50.14 ID:jujKBvOh0 
    Appleが発表した「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」対応施策は既に動いている。

    iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xを対象にしたバッテリー交換プログラムに関して、非正規品バッテリーでなければ、希望するユーザー全てを対象に提供が開始されている。

    iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換対象となり、そうでない場合は3200円(税抜)で有償交換となる。

    通常通りバッテリー診断は実施されるが、その結果は今回関係なく交換可能になる。

    この対応は2018年12月まで全世界で継続される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000023-zdn_n-sci
    a0150_000136

    【【神対応】iPhoneのバッテリー交換「希望者全員」で開始 】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/31(日) 08:16:14.10 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKDZ7V4CKDZULFA009.html

     米アップル日本法人は30日、iPhone(アイフォーン)の旧機種の動作が遅くなる問題に関連し、対象機種の電池交換を、日本では3200円で行うと発表した。iPhone6以降の機種が対象で、来年12月までは保証対象外の電池交換料金を、通常(8800円)より安い3200円にする。すでに米国で発表した費用(29ドル)の円換算とほぼ同じとなる。

     アップルは当初、交換を来年1月後半から始めるとしていたが、ウェブサイトでこの表現を削除した。「すぐに交換できる準備は整ったが、初期の電池の供給には限りがある」(日本法人広報)という。詳細は近く公表するとしている。

     iPhoneを巡っては、旧機種の電池が劣化した際に処理速度を遅くしていたことに利用者の疑念が出て、米国などで訴訟が起きた。米アップルは本国で28日、「説明不足だった」などと謝罪し、電池交換費用の値下げなどを発表していた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    no title

    【【神対応】iPhoneバッテリー、日本は3200円で交換へ...iPhone旧機種の"減速"問題で 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2017/12/27(水) 22:24:34.74 ID:2UWssk9v0 
    170913_iphonex_1-300x2252017年のクリスマス商戦が終盤に入っても、iPhone Xへの需要は予測を下回っていると、米ブルームバーグは12月26日に複数のアナリストを引用した。
    同日のアップル株価は下落し、アナリストは2018年第1四半期のiPhone X出荷数の予想を引き下げた。

    iPhone Xの販売価格は最も安いモデルでも999ドルする(SIMフリーモデルの場合、日本での価格は税別11万2800円)。
    これに対し「iPhone 8」は、699ドル(同7万8800円)で手に入る。

    中国の国金証券のアナリスト、張斌は投資家向けリポートで、「需要の第一波が満たされた後は高価格がネックとなり、2018年第1四半期は需要が落ちることを市場は懸念している」と書く。
    iPhone Xの出荷台数は、これまでの予想の3500万台を1000万台下方修正した。

    ブルームバーグの記事には、JLウォーレン・キャピタルの22日付けのリポートも紹介されており、2018年第1四半期のiPhone X出荷台数が3000万台から2500万台に引き下げている。
    需要低下の理由については「高過ぎる価格と、興味を引くイノベーションの欠如」の2点を挙げる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010006-newsweek-int

    【iPhoneXは期待外れなのか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(帝国中央都市) [IT] 2017/12/15(金) 16:16:24.73 ID:Eay4Cl6z0 
    Appleは14日、iMac Proを発売した。iMac Proはプロ向けにデザインされた全く新しい製品ライン。伝統的なデザインとMac史上最高のパワーを兼ね備えている。
    最大18コアのIntel Xeon Wプロセッサ、記録的な処理速度と27インチRetina5Kディスプレイのグラフィックスプロセッサを搭載した史上最もパワフルMacだ。
    新型Macは最もパワフルなだけでなく、アップル製品で最高額でもある。日本での販売価格は55万8800円から最高1485400円(税別)。
    iMac Proは何より、3Dデザインの専門家や写真家、音楽家、動画編集者、つまり、仕事で最大限の生産性を持つコンピューターを必要とする人々だ。

    https://jp.sputniknews.com/science/201712154382771/
    new_2017_imac_pro_accessories-0

    【【Apple】 史上最強のiMacを発売。価格はなんと 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/11/23(木) 08:38:28.04 ID:F+r7szD80
    台湾紙の経済日報は22日までに、米IT大手アップルが価格を低く抑えたスマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」を刷新し、来年前半に後継機種を発売すると報じた。
     後継機種でも4インチ(約10センチ)の小型画面は維持し、価格は450ドル(約5万円)程度となるという。新興国で販売をてこ入れする狙いがある。
     後継機種は台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手ウィストロンがインドの
    ベンガルール(バンガロール)工場で年内に生産を始める見通しだ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/economy/news/171123/ecn1711230009-n1.html

    【【来るか?】新型iPhoneSEが来年前半に発売か? 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/01(水) 16:06:28.33 ID:CAP_USER
    no title

    「新品のMac」の香りがするという、Mac愛用者にとってはたまらないキャンドルが登場した。Macへの賛辞を込め、開発者が「Inspire(インスパイア)」と命名。10月23日から、Village Vanguard Webbedが予約販売を開始している。価格は4,860円(税込)。

    2016年に第一弾である「New Mac Candle」が発売されており、その第二弾。香りは、ベルガモット、レモン、ヨモギをベースにしている。燃焼時間は60時間から70時間。サイズはW110×D84mm、重量は約655g。

    http://news.mynavi.jp/news/2017/10/27/293/

    【【これは欲しい】Appleファン歓喜!「新品のMac」の香りがするキャンドル 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/26(火) 11:52:04.89 ID:CAP_USER9
     Appleは米国時間9月25日、「Siri」、「iOS」内の検索、および「Mac」の「Spotlight」におけるウェブ検索プロバイダをBingからGoogleに切り替えると発表した。

     これはTechCrunchが、Appleから送られた声明を引用して報じたもの。ただしこの記事によると、SiriではBingのウェブ画像検索を引き続き使用するという。検索プロバイダの切り替えは、米国太平洋時間の25日午前9時(日本時間26日午前1時)から開始され、同日午後には全世界で完了する予定だ。

     Googleはすでに、iOS版とMac版の「Safari」ではデフォルトのウェブ検索プロバイダとなっている。TechCrunchが指摘するように、Appleが今回のタイミングで変更を行う理由は不明だ。すべての自社プラットフォームで検索結果を一貫させることが目的かもしれないし、Appleが検索に関してGoogleと交わしている契約の一環という可能性もある。

     MicrosoftとAppleは2013年、BingをSiriのデフォルトのウェブ検索エンジンにする契約を結んだ。翌2014年、両社はそれに関連して、BingをMacと「iOS 8」のSpotlightにおけるデフォルトのウェブ検索エンジンにする契約を交わした。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-35107760-cnetj-sci
    siri-ios-10-e1472274618104

    【【OK?】アップル、「Siri」の検索エンジンをBing→Googleに変更 日本時間26日午前1時から開始】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/23(土) 11:30:19.56 I
    米アップル<AAPL.O>が22日に発売した新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」のアジアでの滑り出しはこれまでと比べ低調となった。11月初めのアイフォーン「X(テン)」の発売を前に買い控えが見られた。

    オーストラリアのシドニー中心部のアップルストアではこれまで新製品発売時に数百人が集まり行列を
    作っていたが、ロイターが確認したところ、22日の開店前に並んだ人数は30人に満たなかった。

    アップルストア前に列をなす人の数はオンライン販売の利用拡大に伴い、ここ数年減少しているが、アイフォーン8に関してはさえない評価も影響しているようだ。

    シドニーのアップルストアで最前列にいた並んでいたMazen Kouroucheさんは「アイフォーン7とかなり似ている。新たな機能はそれほど多くない」と語った。


    一方、中国ではカメラ性能の改善が購入の理由の1つとの声が聞かれた。

    中国のミニブログ「微博(ウェイボー)」では、アイフォーン8とXに関する投稿が過去2機種の発売前に見られた水準を下回り、消費者の関心が比較的低いことが示された。

    アイフォーン8の先行予約がこれまでの水準を下回るとの投資家懸念が反映し、アップル株価は21日の米株市場で一時152.75ドルと約2カ月ぶりの安値まで下落した。

    iTWire.comのテクノロジー・エディター、Alex Zaharov-Reutt氏は、アイフォーン8は新機種がほしいが、Xに999ドルも払いたくない人向けだと指摘した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://toyokeizai.net/articles/-/189946
    no title

    【iPhone8、世界的に低調 Androidと違い性能はiPhoneSEで十分すぎるためか】の続きを読む

    1:  2017/03/24(金) 15:52:41.30 ID:Q5+iuSDa0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典

    【【Apple】 次期 MacBook 公開か? トラックパッドに液晶!? これはヤバイ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/13(金) 10:21:41.67 ID:CAP_USER
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/iphoneiphone-10.php

    <1月9日、iPhoneは10回目の誕生日を迎えた。この間、落とすと割れる画面はずっとそのままだ。よく考えると、それは欠陥じゃないのか?>

     アップルCEOだったスティーブ・ジョブズが初代「iPhone」を発表してから1月9日でちょうど10年。金属のボディとガラスの画面で美しさを追求したスマートフォンの誕生で、世界は夢のように一変した。だがその一方、忘れてならないのはiPhoneを誤って落とす愚かなユーザーも後を絶たなかったということだ。

     最初の愚か者は誰だったのか、言い当てるのは至難の業だ。試作品のテストをしたアップルの従業員かもしれないし、スティーブ・ジョブズその人だったかもしれない。米ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた有名なエピソードがある。
    ある日ジョブズが鍵といっしょにポケットに入れていたiPhoneの試作品を取り出すと、プラスチック製の画面にすり傷がついていた。iPhoneの発売が1カ月後に迫るなか、ジョブズはアップル幹部に怒りを爆発させた。「すり傷がつくような製品は売らない」「6週間以内にスクリーンをガラス製に変更せよ」

     この瞬間に、落とすと割れるiPhoneの誕生が決まったわけだ。確かにガラスは傷つきにくい。だが衝撃を受けると割れるのはどうしようもない。そもそも人間は不器用だし、歩道は硬い。割れても使える場合、そのまま使い続けるものぐさなユーザーも続出した。ニューヨークのブルックリンでは、まるでデザイナーが手がけたダメージデニムのような感覚で、割れたiPhoneの画面がステータスシンボルになったこともあった。


    (続きはサイトで)

    【【apple】なぜiPhoneの画面は割れやすいのか?10年経っても変わらぬ仕様】の続きを読む

    このページのトップヘ